FC2ブログ
 
 
 
 
 

堂免『日本経済を滅ぼす「経済学」の錯覚』を評する(1)

 
 以前からこのブログで書評を書くと言っていたのだが、なかなか書くきっかけがありませんでした。先日、同じ光文社ぺーバーバックスの本について書いたので今回書いてみます。
 それは、堂免信義『日本経済を滅ぼす「経済学」の錯覚』光文社ぺーバーバックス、2005です。内容は、元プログラマーで経済学に無縁だった著者が、にわか勉強で「経済学は間違っている」と書いている典型的なトンデモ本です。個人的には、こういったトンデモ本は大好きなんでよね。
 タイトルの「錯覚」とは、著者は投資→貯蓄と主張しているが、経済学書では、貯蓄→投資という逆向きの説明をしていると主張している。
 私は、所得のうち消費されないものが貯蓄でそれが投資になる(貯蓄=投資)と理解しているが、だが著者はどのようなメカニズムで投資→貯蓄になるかは説明されておらず、著者のように貯蓄より先に投資する金額がどうやって獲得するのかよく分からない。金本位制の時代なら金山で金を掘ればいいのだが(金を掘った収入は所得になる筈でこれはネタです)、管理通貨制度では偽札でも作らないと個人が無(あるいは所得以上の)投資に必要な金額を生み出すことなどできないはずだが・・・。

 (注)他人からお金を借りて投資するというのもあるが、借りたお金は他人の貯蓄から生み出されるものであり、貯蓄→投資の流れは変わらない。

 この本に関しては別な論点もあるが、話が長くなるので、次回に続く。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー