FC2ブログ
 
 
 
 
 

岩田・飯田『ゼミナール経済政策入門』を読み終える

 
 実は、日大通信の卒業式した日に購入した岩田規久男 飯田 泰之『ゼミナール経済政策入門』日本経済新聞社、2006年3月を先日ようやく読み終える。マクロ経済政策論における「期待の役割」が重視されるなど21世紀の経済政策論だなと印象を強く残した。
 どうせなら同じ著者の本を続けて読んだ方が理解しやすいと、
『ゼミナール経済政策入門』の直後に出版された岩田規久男『「小さな政府」を問いなおす』ちくま新書、2006年6月を読書中。読み終えたら、またブログに書いて見たいと思います。最近寝不足なので今回は、くだらないオチが思い浮かばない・・・・orz。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー