FC2ブログ
 
 
 
 
 

昨日はクー氏を叩きすぎたのでちょっと補足

 
 昨日の投稿は熱くなってしまい、クー氏のことをひどく書いてしまった。私の意図が正しく伝わらないようなので補足を書いておきます。
 私の評価は、さすがにリフレ派には及ばないにしろクー氏の立場は意外にも悪くはありません。その理由はクー氏より下位の経済論客がいくらでもいるからです(笑)。このブログで過去書いた人物としては、、NHKスペシャル「ワーキングプア2」で抽象論に終始し具体的コメントがなかった経済評論家 内橋克人氏、竹中プランを事実上作成し経済を混乱させた責任を認めないばかりでなく竹中プランは成功したと主張する木村剛氏などです。内橋氏・木村氏とも大学院での専門的な経済学の教育を受けていないので、大学院博士課程修了(海外の大学院を修了してPh.D(博士号)を取得できなかったかは謎)のクー氏と比較するのも失礼ではあります。

 では現役の大学教員と比較しましょう。私の評価では、マクロ不在の清算主義者(笑)野口悠紀雄氏よりもクー氏の方が上です。野口氏は「構造改革により旧来のシステムを破壊すれば効率的な経済システムが自然に創造される」(爆)という立場なので、野口悠紀雄氏の辞書には、マクロ経済は閉鎖的なシステムだとかバランスシート不況などの言葉はないようです。これも比較対象としてはクー氏に失礼みたいです。

 このように書きましたが、クー氏が行った反論が正当なものとは考えていませんし、『「陰」と「陽」の経済学』を読んでも国を企業と同一と考える等の経常収支等の国際経済学に関する基礎的な知識不足は変わっていないようです。

 私がいろいろな経済本を読んでよく思うのですが、多くの論者(特にトンデモさん)は、「ある主張に対し、この点は正しいが、この点は間違っている」などの部分評価ができていないと感じています。
限られた経済資源をどう効率的(ある程度公正に)配分するかという経済問題に「これが正しい」とか「これが間違っている」というように単純に白黒がつくはずがない。特に政治の場合は、利害関係者との多く妥協が必要なものであり、斬新的に良い方向(悪い方向の方が多いような気がするが)に進んでいくしかないと、私は考えています。

 いろいろ脱線してしまいうまくまとめられませんが、私がクー氏をどのように評価しているかを理解して頂ければ、この投稿の目的は達成されたと考えています。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー