FC2ブログ
 
 
 
 
 

ウィニー開発者に罰金150万円 1審判決

 
 最近興味のあるネタがないので不得意なことも書いてみます。今日はウィニー開発者に罰金150万円の有罪判決に関するネタです。
 私は法学部出身でないし、刑法も履修したこともない素人意見だが、リンクされている判決内容を読むと妥当な判断だと思う。先程の記事を引用すると、

 判決はまず、ウィニーの性格について「さまざまな分野に応用可能で有意義なものであり、技術自体は価値中立的なもの」としたうえで、技術の外部への提供行為が違法になるかどうかについては「その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、提供する際の主観的態様による」とする一般的な判断基準を示した。

 そのうえで、金子被告が捜査段階の供述やホームページに掲載した内容などをもとに、ウィニーが一般の人に広がることを重視し、ファイル共有ソフトがインターネット上で著作権を侵害する態様で広く利用されている現状を認識しながら認容していた▽金子被告が著作権侵害がネット上に蔓延(まんえん)すること自体を積極的に企図したとまでは認められない――と認定した。

 さらに、やり取りされているファイルのかなりの部分が著作権の対象となるものだったことを認識しながら、ホームページ上でウィニーを公開し、不特定多数の利用者が入手できるようにした、と指摘。これにより実行犯による著作権侵害行為が行われたとして、金子被告の行為は幇助犯を構成すると結論づけた。


 別な記事での専門家のコメントも公開されました(記事)。

 <園田寿・甲南大法科大学院教授(刑法、情報法)の話> 通常、ほう助罪の成立には、正犯として誰が、いつ、どこで何をするかなどの認識が必要だが、金子被告の場合、正確な認識はない。判決はほう助の概念を主観的な面で広げて適用しており、現在本屋で売られているウィニーの解説本などにも刑法的規制が及ぶ可能性が出てきた。出版・表現の自由という憲法論にまで発展する非常に重要な判断だ。罰金刑という選択は軽いが、通常のほう助ではなく、扇動に近いため犯罪性が軽いと考えたのではないか。

 この判決は私の想像以上に影響力が大きいそうです。私のような野次馬(特に法曹関係者)からすれば、最高裁まで争ってファイル交換ソフトに関する法的問題に決着をつけて欲しいです。ちなみに私はセキュリティの問題からウィニー等のファイル交換ソフトはインストールしたことはありません。
スポンサーサイト


 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー