小説 荻原 浩『僕たちの戦争』を読み終える

 
 先日ドラマで見た『僕たちの戦争』が面白かったので、ドラマとの比較のために原作を読み終える。

 感想は、舞台が原作2001~02年、ドラマが2005~06年と違ったりミナミの妊娠を原作では吾一に話してないなどの違いはあるが、原作にかなり忠実だなと思った。あとミナミ役の上野樹里がカツラでもいいから原作同様赤髪で登場して吾一を驚かせるシーンがあっても良かったかも知れない。
 最後に海から上がったのは、原作でも健太か吾一かやはり分かりませんね。まあどっちかが死んでる筈だから、あえてはっきり分からないエンディングしたのでしょうが、ちょっと不満ですね。
 あと物語の都合上、健太と吾一のシーンを交互に書いているので章や節がなどの明確な区別がない。読むのを中断しにくい構成はどうにかならないのだろうか。
スポンサーサイト


 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー