FC2ブログ
 
 
 
 
 

竹中氏の議員辞職について考えてみる

 
 おととい竹中議員が辞意を表明したが、私は少し気の毒な気がする。
 まず竹中氏については、財政政策に関して否定的という以外、特定の経済思想は見いだせない。ジャーナリストの東谷暁氏は「人の意見をなんでも自説のように論じられる竹中氏を映画『千と千尋の神隠し』のカオナシのようなキャラクター」と評している(東谷暁『誰が日本経済を救えるか!』日本実業社、2002、P48参照)。
 このような竹中氏は自説を強引に主張することなく、小泉首相の指示通り、不良債権処理や郵政民営化の経済問題を彼なりにこなしてきたというのが私の感想である。まあ不良債権処理に関して木村剛の無茶な計画を信じてしまったという汚点はあるが(笑)。

 新聞各紙を読むと竹中氏は格差拡大など小泉政権の負の側面を意識させる政治家であり、再チャレンジという小泉政権の修正を行う安倍氏には竹中氏は不要というより邪魔らしい。私は、社長(小泉首相)の指示通りリストラを行った人事部長(竹中氏)が他の社員(議員)から恨みを買うようようなものではないかと思う。
 竹中氏は政治家から引退し、再び大学教授なり経済評論家なり自由な立場に戻ったほうがいい。そのほうがよっぽど稼げるだろう。それに私のように経済にある程度詳しい人は、入閣前から竹中氏を経済学者とは思ってないし(笑)。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー