FC2ブログ
 
 
 
 
 

『教育を経済学で考える』を読み終える

 
 お盆などでなかなか読み終えなかったが、小塩隆士『教育を経済学で考える』日本評論社、2003をようやく読み終えた。amazonの書評にもあるが「教育とは何か」という定義はされていないが、教育に関する様々な役割についてブラックな面を含めてよく書かれている。楽しみにしていた「第3章 夢または勘違いが支える教育需要」の内容も納得。私にとって日大通信での学習は投資ではなく、単なる消費だったが、スクーリングでの出会いなどいろいろな面で満足できるものであった。と言っても「通信制は基本的には孤独との戦い」といったことなど、過大な期待を持たずに入学したこともある(笑)。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2020/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー