FC2ブログ
 
 
 
 
 

労働経済学の試験参考文献 木下武男『日本の賃金』平凡社新書 を読む

 
 amazonから届いた労働経済論の参考文献 木下武男『日本の賃金』平凡社新書 を読む。1999 年の本なんだが、当時にしても認識古くないか?例えば、第1章でライシュ『ザ・ワーク・オブ・ネーションズ』ダイヤモンド社、1991 が情報化された 21世紀のイメージとして紹介されている。だが、91年にインターネットなど一般には知られてないはずなので、執筆された98年か99年でこの本を使って情報化社会を紹介するにはあまりにも時代遅れだ(99年当時は、ニューエコノミーと騒がれたITバブルの最盛期)。正直、木下氏は何考えていたのだろうか?
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー