FC2ブログ
 
 
 
 
 

やっぱり改心していなかった辛坊治郎氏

 
 辛坊治郎氏といえば、テレビ番組で上念司氏と議論して「リフレ派が正しいと認めざるを得ない」という発言が放送されていたが、やはり辛坊氏は改心しなかったようだ。それは、今日発売の「FLASH」で掲載されている「辛坊治郎のニュース食い倒れ! 第37回 貿易収支の赤字転落は日本破滅の序章である」です。経済学が分かっている人だと、タイトルだけでトンデモと分かる内容です(笑)。

 「ついに日本の貿易収支が赤字に転落してしまったのです。(中略)貿易赤字が続くと何が起きるか?日本は原油が出る国などと違って、働いてモノ(農産物やサービスを含めて)作ることしか本質的な富を生み出すことができません。」(P22)。これは典型的な重商主義ですね(笑)。そもそも貿易黒字や赤字が諸外国との競争によって決まるという発想自体が間違ってます。そうであったら、アメリカが貿易赤字が何十年も続くことは考えられませんし、高度成長期の日本が貿易赤字基調であるはずがありません。要するに辛坊氏は外国の比較や過去の歴史を調らべずに適当に発言しているにすぎません。辛坊氏は、恐らく貯蓄・投資バランス論は知らないでしょう。さらに1年の貿易赤字で大騒ぎしているので、Jカーブ効果も知らないでしょう。今の貿易赤字の状況が今後も続くかどうかはまだ分からないのです。まあ、私は今の日本で海外投資が増え続けて貿易赤字、すなわち資本黒字が続くとは思えないのですか・・・。

 その後、「最近、経済知識の乏しい一部政治家が宗教のように信じている経済理論があります。」(P22)という文章には唖然。辛坊氏に言われてもね・・・。あなた程度の知識で経済知識が乏しいかどうか分かるわけないだろう(爆)。そういうならリフレ派を支持する国会議員の方と討論されたらいかかでしょうか。勝負はやる前に見えてますけどね(笑)。

それは、「日本は絶対に破綻しない」というものです」(P22~23)って、名指しは避けてますが、上念氏の本じゃないですか。 上念氏の「政府は赤字だが、国が黒字だから大丈夫」だが、「貿易赤字が続いて経常赤字に転落する(引用者注:なんか国際収支上の経常赤字を理解してないような気がする)と、それはすなわち「政府は赤字だけ、国は黒字」という構造が崩れるという意味です。安心できませんね。」(P23)らしい。そうなると政府と国の赤字を30年近く続けているアメリカは破綻寸前になるけどそれは大丈夫ですか(笑)?まあ、アメリカは超大国だしドルは国際通貨だと、逃げるでしょうが、変な理屈です。

 一番ウケたのが、国も政府の赤字な「ギリシャは破綻しませんし、イタリヤの国際が暴落することはありません。(中略)それは、ギリシャがとんでもない「資産家だからです」。パルテノン神殿は言うに及ばす、そこから発掘された大理石像一つにいくら値がつくと思いますか。(中略)じつはギリシャもイタリヤも国全体が宝の山なんですね。」(P23)それ言ったら、日本だって奈良や鎌倉の大仏や法隆寺、そして京都の三十三間堂に仏像が沢山あり、歴史的な資産がいっぱいあるじゃないか(爆)。そうなると日本も破綻しないとことなるけど、大丈夫ですか?

 他にもあるけど、疲れたのでこの程度でやめます。辛坊氏は「日本は絶対に破綻しない」と批判してますが、「日本が破綻する」という指摘は過去15年間ハズレ続け、狼少年状態が続いています。この点に関しても辛抱氏に是非聞いてみたいですね。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー