FC2ブログ
 
 
 
 
 

藻谷氏名誉毀損賠償判決に関する感想

 
 これも私の備忘記録として、書いておきます。
 ブログ書き込みで名誉毀損 「デフレの正体」の藻谷氏に賠償命令

 札幌市の男性がブログに侮辱的なコメントを書き込まれたとして、「デフレの正体」の著者で、日本政策投資銀行地域振興グループ参事役の藻谷浩介氏(47)に60万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、札幌地裁であり、石橋俊一裁判官は10万円の支払いを命じた。
 男性がブログ上で「デフレの正体」を批評したことに対する藻谷氏の「早く死んで子供に財産を残せ」とした反論コメントが、名誉毀損に当たるかどうかが争われた。
 判決理由で石橋裁判官は「コメントは学問上の論評を超え、ことさら男性を侮辱するもので不法行為を成立する」と指摘。藻谷氏側の「経済学的な論争で、名誉を傷つけられたことへの反論」とした主張を退けた。
記事
 判決に関しては、心から歓迎したい。たとえ、経済学的批判がなされていても、藻谷氏が「早く死んで子供に財産を残せ」といった論理とは関係ない人格批判が公的に認められてはならないからだ。

 そもそも、「私は無精者で、経済書やビジネス書は本当に数冊しか読んだことがない」(『デフレの正体』P125」)と経済学の本をほとんど読んでないことを自ら認めている藻谷氏が「経済学的論争」ができるとは到底思えないし、たとえできるとしたら論理矛盾である(笑)。
 藻谷氏は『デフレの正体』を批判する経済学者およびその支持者、そしてマクロ経済学を「Voice」などで批判している。だが「いくら経済学者とその支持者、そして経済学を批判しても、経済学者や経済学が間違っていることを証明するだけで(ろくに経済学の勉強してないはずなのに、まともに批判できると考える理由がよく分からないが(笑))、藻谷氏の論理矛盾や事実誤認が解消することは決してない」ことを忘れてはならい。
 労働人口減少が、デフレと関係ないことは、統計上国際比較で既に明らかになっている。そして日本だけ人口減少によりデフレになる日本独自の理由は『デフレの正体』のどこにも書かれていない。人口減少によりデフレになる論理もよく分からない。「労働力人口が減少すれば、人手不足になり、賃金が上昇し、それが製品価格に転嫁されることで製品の価格が上昇する。だからインフレになる。」と金融政策の影響を無視する足し算のエコノミストでの考え方でも労働人口不足はイうンフレ要因になることは明白だ。当然、相対価格でも価格上昇要因にしかならない。実際は、物価の変動は金融政策の影響が一番大きいことが統計上も確認されている。 
 岩田規久男教授も藻谷論理を「真ん中の因果関係を省略すると「定年退職者の就業が減るから、定年退職者の就業が減る」というトートロジー(同語反復)にしかなっておらず、因果関係を示したことならない。(「ベストセラー『デフレの正体』の誤り」「別冊宝島第1803号 日銀の大罪」、P84~85)、と藻谷氏の論理矛盾を批判しているが、当然であろう。

 藻谷氏は、人を罵倒する前に、自説に関する批判に真摯に向き合って撤回するなどの対応すれば、こんなことにならなかっただろうに・・・、と思ってしまう。しかし、今回の判決は、今後の藻谷氏の仕事のことを考えると非常に高い授業料だったと言えるでしょう。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2020/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー