FC2ブログ
 
 
 
 
 

読んでいて腹が立ってきた野田佳彦「わが政治哲学」

 
 「Voice」10月号に、野田総理の「わが政治哲学」を読んだ。内容は期待してなかったが、あまりのひどさに腹が立ってきた。その理由をこれから説明します。

 正直に言えば、私は政治家の政治哲学には全く興味がない。なぜなら、いくら立派な哲学をお持ちでも、それを政策として実践できなければ政治家としての存在価値がないからだ。逆に言えば、哲学など一切持っていなくても、多くの国民が豊かになり安心して暮らしていけるようになれば、選挙には勝てるはずなのである。ただ以前に野田総理は「わが政権構想」を公表しているので、それと重複しないように「わが政治哲学」という内容にしたのだろう。その点に関しては理解できる。

 野田氏は「いまの日本に必要なのは、中間層の厚みを増すことだと思う」(P45)と主張する。その点は、私も異議はないが、野田氏のこの主張と前財務大臣の実績、そしてこれから総理大臣としてやろうとしている政策からすれば正反対のことを行っている(行く)としか評価しようがない。なぜなら財務大臣として円高問題に関して「注視する」と言いながらほとんど放置し、円高の根本的な対策である金融緩和に関して何も言わず、アリバイ作りのような為替介入をやっただけなのだ。偉そうなことを言っても、結論は「円高デフレを放置し、中間層の疲弊に対して、なんら手を打っていない」どころか、財務大臣としてろくな震災復興の補正予算をつくらず、震災による経済ショックが回復する以前に増税して、さらに中間層や低所得者層を疲弊させようとしている、としか言いようがないのである(怒)。

 野田氏は、松下政経塾の一期生として、松下幸之助氏の教えを大切にしている。だが、「松下幸之助さんは、「きびしい経済状況のときこそ、国は大減税して景気を直すべきだ」「国費二〇%削減の大なたを振るった上で、思い切った『救国国債』を発行し、健全経済をつくりあげる大規模な先行投資を行うべきだ」「毎年の余剰金を積み立てて、ゆくゆくはその利子収益の分配だけで税金が不要となるような『無税国家』をめざすべきだ」という、大きな理想を掲げられた。」(P50)と、言いながら、経済状況が変わってしまったが、松下氏の主張と全く逆な事を行っていることに関して何も思わないのだろうか?私が野田氏だったら、恥ずかしくてそんなのわざわざ書かないよ(苦笑)。

 野田氏は、「政権党たるもの、ポピリズムに流されてはいけない。やらなければいけないことは、必ずやり遂げなければならない。たとえ辛いことであっても、切ないことであっても、国民にきちんと説明してりかいしてもらわなければいけない。そして真摯に臨むならば、国民は必ず理解してくれると信じなければいけない。私は、そのような政治をめざすべきだ、と強く思う。」(P53)と主張する。確かにその通りだ。だが、円高対策、震災復興対策などに関して財務大臣時代の野田氏から、国民にきちんと説明しているとは思ったことは私はない。そして「財務大臣として真摯に職務に臨んでいた」とは到底思えない。実際の野田氏は、注視を連発し、円高問題に関して逃げ続けていたという印象しか残っていない。

 野田氏は「翻って、この間の政治の問題とは、一体何であったか。私は、決断すべきときに決断をせず、大事な問題を先送りばかりしてきたことだと思う。」(P47)と書いている。最後に一言だけ、書いてこの記事を終わりにしたい。「お 前 が 言 う な !」。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー