FC2ブログ
 
 
 
 
 

純愛を貫き通せなかった昼ドラ「さくら心中」

 
 震災の影響により、一週間遅れて東海テレビの昼ドラ「さくら心中」が本日終了した。

 このドラマは純愛がテーマーだったが、ストーリー的にも、視聴者の期待の点からも、それは許されないことだった(苦笑)。脚本家の中島丈博がドロドロドラマが大得意だからであり、視聴者もそれを望んでいるからだ。ドラマの中盤は、その期待を裏切らずドロドロの世界が展開される。

 このドラマで印象に残ってしまうのは、やはり中澤裕子演じる明美の「愛の歴史ケーキー」のシーンだ。二人の思い出の品物がケーキーに入れられており、ゴムを持って明美が語るシーンが目に焼き付いて忘れられない。演じた本人は忘れたいシーンだろうが・・・(苦笑)。女優だって嫌がっても仕方のない役を演じきったことにたた感動するばかり。

 そしてこのドラマの最後は悲しいながらも美しく、ただのドロドロドラマに終わらせなかった脚本家の意地を感じました。私としては、中島先生にも東海テレビで普通(子どもに安心して見せられる)のドラマも視聴したいですけどね。ドロドロは面白くても疲れるから、数回に一回楽しいドラマも見たいのが本音だ。同時間に放映されていた「ドラマ30」もなくなったので、別にジャンルに拘る必要もないし・・・。

 次はサスペンスか。どうなるんだろう?
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー