FC2ブログ
 
 
 
 
 

受水槽緊急遮断弁について考えてみる。

 
 計画停電中につき仕事ができなので、少しまともなことを書いてみます、と思って書き始めたら、ネットブックのバッテリーが切れて仕事が終わってから書いていますが(苦笑)。

 ビルだとに飲料水を溜める受水槽があります。そこに給水ポンプから各蛇口までの給水管の地震による破損から水漏れを防ぐ緊急遮断弁と、受水槽から直接採水できる緊急用蛇口の設置が、役所の建物を中心に設置されています。今回はその長所と欠点について書いてみます。

 長所としては、今回の大震災において水の確保が重要であり緊急遮断弁と非常用蛇口の設置は有効だと考えています。上水道から給水が止まっても、受水槽の水が確保できれば、非常用蛇口から水圧が低いながらも水が確保できます。今回の出来事では、給水車を要請するにしても役所の電話はパンクしてつながりませんでした。ここまでは、緊急遮断弁と非常用蛇口を設置する理由の説明ですね。参考になるかどうか知りませんが、こういったページを見つけました。「貯水槽 専用給水栓の実例集

 ただ、それを活用するには条件があります。地震により緊急遮断弁が作動し、飲料水を確保できても建物の利用者がこのことを誰も知らないと意味がありません。これでは、単なる断水と変わりません。夜中など施設を熟知している人がいる時に地震がおきるとは限らないのです。技術者がかけつけるといっても、道路が寸断されてたり渋滞で現地に行けないことも考えられます。そのことを教えたくても電話は災害地にはなかなか通じませんし、通じてもビルメンテナンスや給水管のことを知っている人がいないと教えても話がなかなか通じません。役に立てるには、知識の普及が必要なのです。

 そして電動式の場合、バルブ作動中に停電しても最後まで動作するように緊急遮断弁にバッテリーが付いています。バッテリーには当然寿命がありますが、寿命になってそれを指摘してもビルオーナー側が理解できずバッテリーを取り替えないまま放置される例が多いと思われます。それでは、「何のために高いお金出して設置したのだろう」と思ってしまいます。まあ、寿命になっても動けば良いのですが、実際に動くかどうかは運次第でしょうね。弁を閉鎖する前に緊急遮断弁が故障することをあり得ますので、運次第なのは変わりませんが、少なくても飲料水確保の可能性は高まりますよね。

 これらの諸設備は、仕事の関係上以前から知っていましたが、実際に大地震を経験しますと考えが変わるものであります。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー