FC2ブログ
 
 
 
 
 

具体例があるから分かりやすい、岩田規久男『経済学的思考のすすめ』

 
 今月発売された岩田規久男教授の『経済学的思考のすすめ』を読んでみた。岩田教授の経済学入門書は定評があるが、今回もスラスラ読めた。

 本書の特徴は、辛坊治郎・辛坊正記『日本経済の真実―ある日、この国は破産します 』で書かれているシロウト経済学による「経済学を知らない人が陥るよくある誤解」を具体例に挙げながら経済学による正しい説明していくことだ。「こういう間違いに陥らないよう経済学を学ぶ必要がある」ことが痛感した。私も人ごとではないからだ。

 ここまで徹底的かつ痛烈に批判されると辛坊兄弟にとっては、気の毒にも思えるが、あれほどひどい本を出版してしまったのは自らの責任である。まあ、私も辛坊兄弟の内容のひどさに呆れてしまい、このブログで「久々に笑わせてくれたトンデモ本」というタイトルの書評を書いてしまった。

 「今までの経済学入門書だと毒がない」と思われる方には、お勧めの本になるだろう。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー