FC2ブログ
 
 
 
 
 

生涯学習に関して考えさせてた、大学教授の発言

 
 例の如くTwitterやってたら、「大学教授の『生涯学習など税金の無駄』発言とそれに対する教育者らの反論など 」というまとめサイトがあり、非常に興味深かった。

 一番興味深いのは、「生涯学習という名の老人や主婦の暇つぶしのために税金が使われることが問題なだけ。勉強したい人は好きなだけご自由にやって欲しい。ただ、世間が生涯学習(暇つぶし)の機会を大学に求めると、我々は雑用を抱え込むことになる。そして、本来すべきことが疎かになる">生涯学習という名の老人や主婦の暇つぶしのために税金が使われることが問題なだけ。勉強したい人は好きなだけご自由にやって欲しい。ただ、世間が生涯学習(暇つぶし)の機会を大学に求めると、我々は雑用を抱え込むことになる。そして、本来すべきことが疎かになる。」というものです。

 「生涯学習が暇つぶしか」と「生涯学習に税金を用いる意義」という2つの論点があると思います。前者は人によるでしょう。正直に書きますと、私が通信制大学で学んだのは趣味であり、学士(経済)の所得が目的でした。趣味であっても社会人学生である以上、暇ではありませんでした。徹夜明けにスクーリングに参加したこともあります。それに教員免許などの制度上大学でしか取得出来ない資格もあるので、決して暇つぶしとは限りません。まあ、吉村教授はリタイヤした高齢者や主婦など「暇人」と思われる人を対象にしているのでしょう。私は家事や育児をしている主婦が「暇人」とは思っていませんが・・・。

 後者になると話が複雑になります。「生涯学習が税金まで使っての費用対効果があるか」です。これを証明するのは困難だと思われれます。大学で勉強した成果は明示することは難しい(特に文系は)し、教育経済学に詳しくない私にはこの件に関する諸研究を知りません。吉村教授は、経済の専門ではないので、そういった研究を知っているとはちょっと思えませんね。先程の発言は、問題提起あると理解しています。
 私立大学であっても、私学助成金を受けている以上税金とは無縁ではいられません。私も、納税者みなさんの税金の補助を受けて趣味の勉強をさせてもらったといっても、間違いではないと思います。私が匿名でもブログやツイッターで自分なりに良いと思っていることを発言することが、こういったことの恩返しになるのではないかと考えています。まあ、単にこういったことが好きなだけなんですが・・・。

 「生涯学習に関わる大学教員が雑務を抱え込む」のは事実です。担当教員は、科目修得試験やスクーリングを実施し、採点やしなければなりません。確かに面倒な話ですね。自分の著作をテキストにして学生に購入させたりすることはできますが、印税も大して儲からないでしょう(私は貰ったことがないので実は知りませんが)。

 いずれにしろ、こういった発言のお陰?で私を含め「生涯学習の是非」に関していろいろな人が考える機会にはなったとは思います。

 でも、一番無駄なのは、「実は大学で勉強したくなかったんだけど、就職先がないので大学に進学しました」という事かも知れない。ある種無駄な時間をすごす学生、その費用を出す両親、そして教える大学教員にしても・・・。そのことも少し考えるべきかなと、私は思います。

 今日も上手くまとめらなかった・・・。残念。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー