FC2ブログ
 
 
 
 
 

感動するドラマなのにツッコミを入れてしまう嫌な私

 
 昨日のNHKドラマ「さよなら、アルマ」を視聴しました。理由は、「軍犬」という制度に興味を持ったからです。

 内容はもちろん「反戦」と「お涙ちょうだい」。戦争を評価するドラマなど製作することは御法度ですからね。それは覚悟しているので文句はないのですが・・・。
 人間ならともかく(と言っても、多くの兵士は赤紙1枚により問答無用で戦争に参加させるが)、何も分からない犬が戦争に参加させられる状況は、人とは比較できないだろう。

 とはいえ、「自分の生死すら分からぬ極限状態で、犬大事するかな?」など、つい野暮なツッコミを入れてしまう自分が嫌になった。感動の主人公太一とアルマの永遠の別れのシーンも「犬がこんなに機転きく訳ないよ」とか、「太一憎くて噛んだ訳ないのに、傷が何十年も残るかよ」というツッコミをしてしまった。あ~嫌だ。

 いちいちツッコミを入れない人は、純粋に感動できると思います。こんな何事にもツッコミを入れるのは、政府日銀と反リフレ派と構造改革主義者が悪いんだ。結局そういう風に考えてしまう私自身って一体・・・。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー