FC2ブログ
 
 
 
 
 

資格に関する雑文

 
 昨日、資格関連の話でTwitterで盛り上がったので、備忘録+その補足して書きます。

 (ワーキングプアの歯科医師が出ているように)食える食えないは、資格取得検討には重要な点ですね。それでも、自分の業界に関連する就業制限のある資格は取得しないといけない。いくら実務経験であり、実際の仕事ができても、公的書類などは無資格者は素人同様か名前が出せない。情報の非対称性があるので、資格制度を否定できませんが。URL

 これが資格に関する実情です。実務経験がしっかりしている人が、必要な資格を取得して活躍してくればいいですけどね。実務はやるけど、資格取得を面倒くさがる人は私の属する業界には多い。落ちると恥ずかしくて受験するのをためらったり、忙しくて資格の勉強できないという事情もありますが。

 需要が減れば有資格者が余り、資格の価値は確実に低下します。資格取得者が死亡やリタイヤよりも多ければ、資格取得者は、増えていく。資格取得者の希少性が下がるから、資格の価値は自然に下がります。資格取得者にはうれしい話ではないだけど、悲しい現実ですね。URL

 補足すると、先程のつぶやきは3つの部分に分けられると考えます。
 最初は、資格取得者が従事する産業の景気循環の部分です。建築技術者の場合、景気が良く建物が多く建ち人手不足になれば、自然と資格取得者の価値は上がります。逆に景気が悪化し、建物が建たなくなると、技術者が余るので、資格の価値が下がる訳です。
 次は、資格取得者が従事する産業の構造的な部分です。ワーキングプアの歯科医師の例を出したのに、人口に比較して歯科医師が多い状況だと、景気が回復してもどうにもなりません。特に高齢化して総入れ歯の人が増えたり、人口自体が減ってしまうなどの理由があります。
 最後は、個別の資格の話でなく、資格全体の話です。「資格取得者が死亡やリタイヤよりも多ければ、資格取得者は、増えていく。資格取得者の希少性が下がるから、資格の価値は自然に下がります」という話に補足は必要ないでしょう。

 ただし注意することがあります。

 ペーパードライバーの話にあるように、有資格者=仕事ができる、という訳にはいかないので、(資格を取得しても)必ずしも実際の生産性向上につながるとは考えられません。URL

 資格というものは、資格受験時に一定の技能があった(という建前)という証明するものなので、仕方ないですね。私も実務で使ってない、資格用の知識は、受験終了後すぐに忘れてしまいます(笑)。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー