FC2ブログ
 
 
 
 
 

池田・飯田論争?の備忘録。

 
 私が忘れないよう整理するために作成した、本当に備忘録です。

 池田信夫氏と飯田泰之氏のTwitterの上のやりとりが、残されています。そこでの池田氏の主張や対応は笑えるものでした。ますは、池田信夫氏の「デフレの誤解」という文章です。論理的内容的には、「「デフレについての誤解」の誤解」に書かれているので、そちら読んで頂けばいいのですが、「池田信夫さんヲチ 2010-10-25」の強烈なツッコミに爆笑するしかありませんでした。引用すると、
 のぶおさんの式にはもっと根本的な問題があると思いませんか? だって、左辺の πt を導きたいのだったら右辺に πt があっちゃいけなくね? これでは準備不足でいい加減な発言と言われても…ry (赤字原文のママ)
 ちみに「ry」は略(ryaku)を省略するネットスラングです。
 確かに、BASICのプログラミングじゃないんだから、「A=A+1」とかいうのはないですよね(これはAという変数に1を足すという意味)。「池田氏は実は数学は苦手だ」かつ「推敲せずいい加減な文章を書いている」ということを自ら暴露してしまったようです(爆)。

(追記 2010/10/27)
 引用元が追記されていて、「Etπt+1=πt」という式がマンキューのサイトに掲載されているようです。「「単純化のため、人々はその時のインフレ率で物価が上がりつづけると予想すると仮定する」、だそうです。モデルを組むための仮定だよ(笑)。 」という訂正と新たなツッコミが書かれています。

 池田氏の数学レベルだと、飯田氏に数式の誤りを指摘されても、まともな反論ができるはずがありません。それも「これ動学マクロではなく素朴な新古典派PCとIS曲線です」と指摘されるという情けなさ。池田氏は、自分の引用した式が、どういうモデルの式かすら分かってなかったのか(笑)。

 まともな反論ができない池田氏は、「深尾氏がこういっていたとか」、「バーナンキの背理法は正しいのか」、論点をずらしまくって逃げています。しかも「バーナンキの背理法」が「適切なインスレを維持する証明にならない(バーナンキの背理法は、インフレにできないという反論のための論理で、適切なインフレを保てることを保証する論理ではありません。要するに意図的な論点ずらし)」などです。

 結論としては、「池田氏は経済学者とまともに論戦する能力がない」ということがよく分かりました。ネット上で人のケチをつけている私のような素人と同じですね(笑)。同じ立場として、それしかできないこともよく分かります・・・。でも、私は池田氏のように自分のプライドのためにウソついたりはしませんよ。念のため、書いておきます。

 そしてその後池田氏は、「政治家や評論家はともかく、研究者は学問的な裏づけのあることだけを語るべきです。それがいやなら、研究者をやめるしかない。」と発言されているが、学問的な裏付けのある発言をできない池田氏本人が率先して研究者をやめるべきだろう。そうすれば、私を含め今まで池田氏をバカにしてきた人々が「有言実行だ。素晴らしい」と褒めてくれるに違いない(爆)。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー