FC2ブログ
 
 
 
 
 

上念司『日本は破産しない』宝島社、を読む

 
 上念司『日本は破産しない』宝島社、2010をを読み終えました。

 全体的な感想は、国家破綻論者をバカにする刺激的かつ論点が整理されて読みやすい国家破綻論批判本でした。もちろん国家破綻論者のおバカぶりは知っていますが、上念氏のように整理されると「現状の日本で何で国家破綻などが騒がれているんだ?」と思ってしまいます。
 国家破綻論者は、「このままだと日本が大変なことになる」(それ自体は間違っていない)のですが、その証拠集めがずさんだったりします。なぜなら国家破綻論者は、ミクロ(政府)とマクロ(一国全体)が区別されていなかったり、財政の話自体知らなかったりするのが原因です。そして厳密な定義をした上の話も苦手ですね。そもそも国家破綻って何でしょう?オリジナルの定義を説明無しに使われても、他人には意味がさっぱり分からないです・・・。

 この本では、複式簿記の概念が結構出てきます。流動比率で国の支払い能力があることをたとえるのは驚きました。流動比率が高い以前に日本政府には、政府紙幣の発行権があるので円での支払い能力は企業以上に心配することがないだけどね。収入の面では、国には企業にない徴税権もありますし。
 複式簿記の例がなぜ、「足裏マッサージ店」の経営なのかは謎ですが・・・。私はメイドさんの足裏マッサージ店は好きですが・・・(そんなもん、書評に関係ないわ)。

 「このままだと日本が破綻する」とか考えているお気の毒な人(笑)には是非お勧めしたい一冊です。そして日本を救うのは、財政再建優先でなくリフレであることもしっかり書かれています。

 新たなネタを探すのは大変でしょうが、上念氏の次の著作に期待してしまう私でした。

(追記 2010/10/23)

 著者の上念氏から、この記事に関してTwitterで紹介されてしまった(その1その2)。予想外の高評価なので非常に照れる・・・。「照れるのだったら、わざわざリンクするな」というツッコミはなしでお願いします(笑)。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー