FC2ブログ
 
 
 
 
 

日銀金融政策の記述で分かる「池上彰の正体」

 
 池上彰『日銀を知れば経済が分かる』平凡社新書、2009を購入しました。日銀に関して分かりやすく解説しているいい本ですが、日銀の金融政策に関する記述を読むと池上彰の正体が分かるという面白い本です。

 最初に断言します。「池上彰は経済無知で、ジャーナリスト失格です」。なぜなら「日銀にとって都合のいい主張ばかり書いて、裏を取って正しいかどうか調べない。真実を追究しない典型的な日銀応援団の一人」です。そもそも日銀の実態を知っていれば、批判的に書くしかないのです。日銀批判に関しては、
1)日銀の総裁・副総裁・審議委員は経済や金融の無知な人も就任し、重要な日本の金融政策を決めている。と言いたいが、実は事務方が作った金融政策案に関して賛成か反対かを投票する(実際はほぼ全員賛成)だけで、事実上空洞化している。
(2)日銀の政策決定は、標準的な経済学とかけ離れ、かつ日銀以外が悪くて日銀に責任がない、という都合のいい独自の日銀理論によって決定されている。
(3)日銀による主張や発表は、第二次世界大戦時の大本営発表同様まったく信用できない。例えば「異例」という言葉を好むが、実際は小出しにしてたいして金融緩和をしていない。
(4)日銀理論による、日銀の金融政策は過去20年間失敗だらけである。日銀批判をする人達の経済予測の方がはるかに正確である。

 などが考えられるが、池上本には日銀の都合の悪いこれらの指摘がまったくない(爆)。これは池上氏が「金融政策を知らない」か、「知っていても取材の都合などを考えてあえて目をつぶって日銀応援団になっている」か、のいずれか、あるいは両方だろう。まあ、日銀とは無縁である藻谷氏の『デフレの正体』を絶賛したようだから、池上氏自身が経済無知なのは間違いないだろう。

 こんなことを書いているが、私は池上氏の印象もテレビ番組も結構好きだ。ただし、事実は事実。曲げられない。

 池上氏には、今後「ジャーナリストとして正しい道を歩んで欲しい」と言わざるを得ない。 
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー