FC2ブログ
 
 
 
 
 

資本財の営業マン

 
 昨日午前中仕事だったのだが、その時得意先の営業マンにお会いした。長年別な業種の営業マンをやっていて、定年となり今の会社に来たらしい。私からすれば、全く異なる分野で営業マンを続けるとは考えられない。特に資本財に関連する営業は、玄人相手なので相当な知識がいるのだ。

 うちの会社でお世話になっている別なベテラン営業マンは、狭い業界だが業界の情報、自社の商品知識などユーザーのこっちが舌を巻くくらい知識豊富である。そんなうちの会社の関連業界に業界知識は素人同然の人が入ってくるのは驚きというしかない。確かに、雇用する会社側としては「長い間働くことはないので気軽に雇える」し、働く本人も「この不況のご時世贅沢を言ってられない」という事情だろう。しかし、まったく違う分野で営業マン続けるとはその度胸の大きさに感心せざるを得ない。前の会社の付き合いを利用すれば、仕事が取れると思っているらしい。実際、それなりに仕事は取れたらしいが。

 だが、半年一年すれば、付き合いで仕事が取れる場所はなくなってしまうだろうし、縁のない相手に仕事を取るのは簡単な話ではない。なぜなら玄人相手を信用させる専門知識を猶予期間に吸収することは難しいからだ。たった数年で一人前の知識が手に入れられるほど世の中甘くない(私自身もまだまだ修行中です)。
 たとえ、それで終わっても会社を去っても、会社は大して損はしない場合がほとんどだ(たまにライバルの会社に移り引っかき回す人もいるが(笑))
 私は悪い方向に考えてしまう方だが、せっかくおつきあいが始まったのだから長く続いてくれることを祈るばかりである。お客さんなんだから、うちの会社が協力するのはいうまでもないが・・・・。

(追記 2010/7/27)
 ブログを公開した当日、新しい営業マンの話が出たので話を聞いたら、私と同意見だったので笑いました。ちなみに社長はPC音痴なので、このブログの記事を知りません。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー