日銀がいかに腐っているかを冷静に説明する本

 
 いつもの如く遅れまくってます(笑)が、田中秀臣『デフレ不況 日本銀行の大罪』を読み終えました。以前の著作や著者のブログに書かれていたことの再編成したようなものだが、整理された書籍として出版される価値は高い。

 要するに「日銀という組織は自己保身の行動に終始しているので、経済学の分析をしても無駄である。」と「腐りきった日銀内部からの改革は不可能であり、日銀法改正など外部の強制以外是正することは不可能である」という2つの結論を政治経済や歴史などの視点からうまく説明されている。「日本だけなぜここまで不況が続くのか?」と思っている人お勧めの一冊である。経済初学者には、ちょっと難しいかもしれないが、なんとか読みこなせるレベルたと信じている。
スポンサーサイト


 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー