「娼婦と淑女」意外な第1部の結末と第2部のスタート

 
 東海テレビの昼ドラ「娼婦と淑女」が一昨日いきなり第1部が終わり、昨日から第2部になった。
 太一の密告により紅子がすべての罪を被り刑務所送りになる。紅子は出所後、育ての山田家を切り捨てた生まれた清瀬家に復習を図るという意外な展開にはただ驚くのみ。そして紅子が女を捨てての男装・・・。安達祐実も上品な子爵令嬢やったり、野蛮な貧乏人やったり、メイドやったり、今度は男装の執事(しばしば外出してさぼっているが)って、よくやるな。

 こういった強引であり得ない展開こそが、昼ドラの魅力だと思っている。本日の放送から紅子の実父が登場するが、昨日の予告で娘に「愛人にならないか?」って何だ(爆)。まあ、実の娘だと知らないだろうけど、実は知っているかもしれない。なにせ昼ドラは、世間の常識というものに囚われないものも多いから。
スポンサーサイト


 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー