FC2ブログ
 
 
 
 
 

余力があるうちに潰すのも経営者の責任

 
 メイド喫茶「@SWEET」が今月末の閉店を公表した。この情報を一昨日聞いても、「そうか。残念です。」という感想しかない。メイド喫茶ジャーナルさんの例の記事ではないが、「すぐ潰れそうなメイド・コスプレ喫茶」として意識していたから。

 客としては閉店は残念だが、経営者は、事業展開が望めない場合、ある程度余力を残した時点で閉店すべきだと思う。
閉店を先延ばしにしてしまう理由に「閉店したら今まで努力したことが無駄になってしまう」があるだろう。だが、今までの努力は取り返しがつかないし、かけた費用もほどんど回収できない。下手に続けて傷を広げるよりも、支払いがなんとかなるうちに辞めるべきだろう。材料や家賃などの踏み倒しての閉店では資金がなくなって仕方がないこととはいえ、元経営者の精神的な点を含めていいとはいえない。客の気持ちからしても、債権者の支払いをすべて終えて清算するという閉店であって欲しい。

 個人的な話だが、このようなことを実感しているの理由は、従妹夫婦が普通の飲食店をやっている(普通と断りを入れるのがこのブログらしいが)のだが、うまく行ってないという話を聞いているからだ。私は店の具体的な場所も知らず来店したことはない(オイオイ)のだが、叔母の話では野菜を洗うのが面倒くさいから加工済のものや冷凍物を使っているが、相場の値段を取るらしい。そんな経営姿勢で競争の激しい普通の飲食店を営業しても、うまく行かなくても当然だ。しかも海のものとも山のものともつかぬのに最初から他人をを雇ってやっていた(他人は全員辞めたらしい)など、何を考えているのか疑問だらけの営業開始だった。「大火傷する前に閉店して欲しい」というのが私を含む親戚共通の思いである。起業家は、人の意見を聞かずに負けず嫌いな人が多いから、普通説得は難しいような。やっぱり。起業したのが、ほとんど縁のない従妹の旦那ですし、勤めている業種も違うので私に説得はは無理です。

 って、いつもの如く脱線しまくっているが、これで終わりにします。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー