FC2ブログ
 
 
 
 
 

めいどりーみん連続出店に関する懸念

 
 本日、メイドカフェ&バー「めいどりーみん秋葉原電気街口駅前店」が開店する。私も評論家きどり(笑)で、同店グループの懸念を評してみよう。

 今月の連続出店により、経営に悪影響が出る可能性が高い。秋葉原駅前の出店に関しては、間違いなく客は集まるだろう。だが、駅前で客が入れば既存店舗の収益悪化は避けられそうにない。さらにメイドの卒業が相次いでいる上、数集めとも思える新しく採用されている多くのメイドは「普通の女の子」(この業界では普通ではダメ)でさほど人気が出るとは思えない。メイドの質の低下は、常連が離れが進み、一見の観光客依存となり収益を不安定にさせる。そうなると、違法だと思われるビラ配りをやらざるを得なくなる。そして店内にメイドが少なくなり、「忙しいとメイドがなかなかつまらない」という店内のサービス低下につながる。サービスの低下が、常連離れをますます進めることなる。これでは負の連鎖だ。
 渋谷では、「そもそも秋葉原で通用するやり方が通用するか」という重大な問題がある。あの「@ほぉ~む」でさえ、宇都宮本店が3ヶ月しかもたなかったのだ。他の地域では秋葉原と違って「観光名所としてメイド喫茶に行ってみたいな」という客の絶対数が少ない。客集めに相当苦労するだろう。
 単独の出店でもこれだけ問題山積なのに、秋葉原と渋谷の同時期開店は、リスクが高いと言う他ない。

 もちろん、実際に経営されている鈴木社長がこれらのことを理解してない訳がない。全国展開の野望達成を急ぐために、あえて同時出店に踏み切ったのであろう。リスクに対して楽観的なのは、鈴木社長に限らず起業家の特徴である。そして規模が大きくなって官僚化してしまうと、「面白さがなくなった」と辞めてしまう起業家もいる。鈴木社長もそういった人かも知れない。

 いずれにしろ、私のような懸念を払拭するのは、今後の経営を成功させるのが一番だ。まあ、私は上記にあげた理由で失敗するほうが高いと思っているけどね。でもなんで、月曜日になんか開店するだろうか?謎である。

(追記 2010/1/20)
 この記事を書いた時点では、秋葉原電気街口駅前店の場所がよく分かっていない時点で書いていた。場所が富士そばの上であることを知り、たいした店舗面積でないと推測できる。既存店の影響は限定的かもしれない。まだ入国してないので、入国した後に具体的な感想書きたいと思っています。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー