FC2ブログ
 
 
 
 
 

メイド喫茶で福袋販売という企画自体は面白いのに・・・

 
 私は福袋という物を買わない。福袋の商品を通常買うよりお得なのはわかっているが、使わない物にまでお金を払うとなると勿体ない気がするからだ。もちろん私個人の見解だけど。

 「いきなり何を書いているんだ?」という話になると思うが、メイド喫茶のブログをチェックしてみるとカフェ・マーメイドの公式ブログで福袋が販売されていると書いてある。今までご帰宅したことがないので、いい機会だと思い来店してみた。
 来店すると店内がかなり広いのにメイドが少ない。内装も萌えでもなく落ち着いた雰囲気もない。嫌な予感がする。1人だけ黒いメイド服を着た某巨大掲示板で店長と言われているメイドが出てきた(ちなみに他のメイドは青色)。他店でもメイドが店長をしている店もあるが、普通のメイドと服から区別している店は初めてだ(といっても正式な確認はしてないけど)。
 そしてメイド達が何かと奥に引っ込む。メイド喫茶は客にメイドを鑑賞させたり、暇な時は世間話でもする(メイドにとってサービスだから無理は言えないが)ことでカネをとる店だ。メイド喫茶の基本が分かってないみたい。
 観察すると、レジがスタッフの部屋であるドアの奥にあるようだ。確かに防犯上やテーブル会計なのにレジの前に立ってしまう客がいるので、客の見えない位置にレジを置く理由は分からない訳ではない。でもドアの奥では面倒くさいと思う。萌えを売りにする店でもないようだし、かといって正統派ように落ち着いているとは言えない。特に会計を済ましてた後、放置されたのでお見送りしてくれるかどうか判断に迷った。席を立ちドアに近づいてようやくお見送りしてくれた。私が迷うのだから、メイド喫茶初体験だと本当に困るだろう。
 この店は、開店3ヶ月ほど経過しているはずだが、これでは接客がグタグタというしかない。
 これだったら、チャージ料を含め値段があまり変わらないから、隣のビルの3階のメイド喫茶に行った方がいいな。萌えもあるし、あそこまでグタグタにはならない。ただその店は狭いから、あまり行かないけど。

 公式HPにメイド紹介(かわいいか、個性的なメイドを掲載するのかが重要だが、多くのメイド喫茶では守られてない)がなかったり、昨年12月頃にようやく公式ブログを開始するなどWEB上も真面目にやっているとは言えない。そしてメイド喫茶なのにメイドだけでなく、戦隊物の全身タイツを着た店員にチラシ配りをさせるなど、「よく分からないことをする店だ」と思っていたが、実際帰宅してみて「やっぱり」という印象しか残らなかった。

 ここまで店のことを書いていたら福袋のことをすっかり忘れてた(笑)。店内には中身が書いてあったのだが、ダーツとか店に関連した商品はいいとして、あとは正月のおもちゃとかが多く書いてあった。唯一の萌えはチェキだが、これはメイドが写っているチェキなのだろうか?よく分からん。私だったら、萌えとジョークを全面に出して、メイドの絵が描かれている檄辛入りお菓子、カレーラムネとかの変わった飲み物、まず使う機会がない猫耳、あるいは萌えという字がプリントされているTシャツやタオルとか、メイドのラミネートカードなどを入れるけど。秋葉原で市販されているものばかりだけど、観光客や神田明神の初詣帰りの参拝客には、いいネタになるだろう。ただし、こういった内容で中身を書かないとクレームが殺到しそうですね。

 今回も脱線しまくりました。今年はこの調子で続くかもしれません(笑)。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー