FC2ブログ
 
 
 
 
 

高橋 洋一・竹内 薫『鳩山由紀夫の政治を科学する』を読む

 
 例によって、田中先生のブログで出版されたことを知りました。前作の『バカヤロー経済学』が面白かったので、早速購入しました。
 この本の主題は、民主党のマニフェストが無党派層を意識しながら支持団体にとって都合が良く、敵対する勢力には打撃を与える内容になっていることを具体的に面白く、かつ遠慮なく書かれていることです。例えば、派遣労働者を制限する方向にあるのは、正社員で結成されている労働組合に正社員の雇用を守る上で都合がいいからです。本来このような規制よりも貧困対策を行う方が先です。そうでないと日雇い派遣で暮らしていたネットカフェ難民が、ホームレスになってしまうだけだ。法律の施行は延期するらしいが、それまで景気が回復しているかどうか・・・。
 さらに派遣労働者がいなくなると、さらに忙しくて困るのは正社員の方だと思います。組合側はそこまで考えてないかもしれないけど。あるいは「雇用があるだけまし」と割り切っているかも。
「民主党が何をやりたいのか、よく分からん」と思っている方にはお勧めの本です。

 コテコテの文系である私には、理系の人間がいまいち分からない。理系の人間は「理論的に考える」や「とりあえずやってみて、ダメならさっさと諦めて次の道を模索する」というイメージがある。鳩山総理がなかなか決断できないのは、国民新党や社民党の影響(よりも自分の党の幹事長の影響が大きいか(笑))が大きいのかもしれない。でも、来年夏の参議院で民主党単独過半数を取れば少しは変わるかもしれない。でも、献金問題等でそこまで鳩山内閣が続くかどうは、全然分からないのが実情です。

 文系の人間にも「結論から先に考えがちで、後から理屈を付ける」「精神論に傾きやすく、技術的に解決可能かどうか忘れがちになる」「諦めが悪い」などの文系ならではの欠点も意識しています。

 民主党を中心とする政権が今後どうなるか。是々非々の立場で見守っていくことにします。ってまた脱線しすぎた・・・。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー