FC2ブログ
 
 
 
 
 

メイドのチラシ配りに関する雑文

 
 今週日曜日は仕事で秋葉原に行けなかったが、最近のメイド喫茶によるチラシ配りがすごい。この秋開店した店でさえ、店から遠い場所まで何人も動員してチラシ配りをしているので、さらに多くなった。
 秋葉原の観光客は、どのメイド喫茶がいいか事前調査などしてないから、場所が分からない。そして「観光名所として一度は行ってみたい」と思いながら、そのきっかけがないという人も多いだろう。そういった人にはチラシ配りはありがたいと言えよう。そうでない人には、単なる迷惑なことだが。これも秋葉原の光景ということで、納得して欲しいものである。

 一部の店だと「チラシ配りでなく、客引きでないか」という批判も多い。このことで秋葉原のメイド喫茶におけるチラシ配り自体の評価を落としてしまっている。残念でならない。このような行為になるのも、結局メイド喫茶の客よりも店の方が多いので、限られたパイを奪い合っているしかない。商売下手で体力がない店は潰れていくが、秋葉原での成功を夢を見る起業家が後を絶たないので新規参入が止まらず、パイの奪い合いはしばらく終わりそうにない。
 メイド・コスプレ関連など競争が激しい分野にわざわざ進出するのか理解に苦しむが、自分だけはうまく行くと考えているからであろう。起業家とは、自分に対して絶対的な自信を持っていて(その根拠が間違っていて多くは失敗する)、リスクに対して楽観的な人物であることが多いようだ。そのような性格でないと大金を使ってリスクの高いビジネスなど出来ないからだ。このような起業家がいないと、メイド・コスプレ関連の店で楽しむこともできないのもまた事実であるが。
 私は、メイドのチラシ配りが過剰になる理由を書いているだけで、客引きを容認している訳ではありません。念のために書いておきます。

 私は、値段と効用が釣り合っているいい店が残ってくれる事を常に願っているが、残念ながらそのようにはなっていない。市場の調整作用は、なかなかうまく行かないから。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー