FC2ブログ
 
 
 
 
 

デフレ認定で問われる政府の認識の甘さ

 
 菅副総理が政府の公式見解として「デフレを認定」した(記事)。となれば、政府は日銀にデフレ脱却の協力するよう求めているが、はっきり言って考えが甘すぎる。日銀が政府の要請如きで金融緩和を行いデフレ脱却を行う気などさらさらないのだ。日銀が物価上昇率ゼロパーセントを目標に金融政策を事実上行いデフレ脱却の意図がないのが明白なのににかかわらず、現政府も以前の政権もそのことが理解できてない。経済認識の甘い菅副総理や日銀に同調的な藤井大臣、唯一期待できる亀井金融担当大臣などの政府が今後どのような対応をするのか不明だが、現制度では日銀は市場でも売却できる社債買い取り継続などの事実上あまり意味のない「仕事をしているふりだけの金融緩和」を続ける程度しか期待できない。
 日銀がやる気がない以上、インフレターゲットをやるかどうかは別にして、日銀法を改正して政府が日銀に目標を設定し実施を強制させるしかないだろう。そう出ない限り、デフレの脱却が可能な状況にならないだろう。

 でも政府はこれらの点に気づかないまま、多分デフレが続き、経済政策の迷走は今後も続くだろう。当たって欲しくない予想だが、こういった予想に限って結構当たる(と勝手に思ってる)。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー