FC2ブログ
 
 
 
 
 

池田信夫氏の妄想に爆笑する

 
 日経新聞などに掲載されたので、池田信夫『希望を捨てる勇気』ダイヤモンド社、2009をざっと読んでみた。くだらない書評は精読した後にします。

 池田氏といえば、いちごえびす経由ですが彼のブログを読んで爆笑しました。
 「デフレから今すぐ脱却するための方法」(p.7)と題して提案されているアコード(政策合意)の「1.来年度以降のGDPデフレーターの上昇率1-3%の範囲に収める(インフレーションターゲット型)」というのは、リフレ派が久々に墓場からよみがえったようだ。そういうターゲットは日銀がすでに設定しており、問題はインフレをどうやって起こすかだ。(太字は原文と同じ)
 池田氏の頭の中では、「すでに日銀はGDPデフレーターの上昇率1-3%の範囲に収めるインフレターゲットを実施しているが、実現できない」ということらしい。その方が池田氏にとって都合がいいだろうが、事実は全く違う。

 日銀は昔から一貫してインフレターゲットの導入は否定的だ。あの日銀が自らの手を縛るような目標を公表するとは到底考えられない。岩田規久男教授が言うように「総合的判断」と言葉などの曖昧な表現で逃げるのが常套手段だ。

 もし、日銀が池田氏の頭の中にあるようなインフレターゲットを行っていれば、なぜ3%に遠く届かない物価上昇率で金融引き締めをするのだろうか?実際には、原田泰氏が言うように「日銀は実質的に消費者物価指数ゼロ%物価目標政策を採用している」と推測されている(参考URL)。
 もし、池田氏の頭の通りだったら、「墓場からよみがえった」どころか、リフレを主張する人々は敗北宣言を行い逆に葬り去られるだろ。むしろ「万策尽きた」と逆に諦めがつく(笑)。

 池田氏はいつになったら、自分に都合のいい妄想から目が覚めるのだろうか・・・。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー