FC2ブログ
 
 
 
 
 

経済を知らない政治家は経済を語るな

 
 藤井財務大臣の円高容認(と本人は認めてないが、そう思われている)と亀井金融担当大臣の中小企業に対するモラトリアム法案を検討しているから、円高・株安に襲われている。藤井財務大臣の財務省による市場介入に対して否定的なのは理解できる。効果がたかがしれているからだ。大幅な金融緩和をすれば円が増えるので円安になるが、金融緩和に否定的な日銀総裁人事に同意したのは他ならぬ民主党だったりする(笑)。「日本経済にとって適任者は誰か」視点を捨てて、日銀総裁人事を政争の具にした報いを現在受けているようである。

 それよりもひどいのは亀井金融担当大臣の暴走だ。亀井大臣は中小企業の債務返済猶予に関する法律を成立させるつもりだが、実現するにしても課題があまりにも多すぎる。私は、法案ができずに挫折するか、実現しても金融機関の利子補給が必要だろうから、予算の規模から小規模なものとなり、ほとんど経済効果が望めないという結末に終わると思われる。そもそも97~98年頃のように金融機関からの貸し渋りは社会問題となっていないのに、なぜこのような法案が必要なのだろうか?
 国民ウケをする(といってもさほど評判にはなっていないようだが)だけの政策はさっさとやめた方がいい。

 はっきり言う。無用な混乱を生むから「経済を知らない政治家は経済を語るな」。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー