FC2ブログ
 
 
 
 
 

IE6廃止運動と言われてもね・・・

 
 「IE6はもういらない」――Web企業が撲滅キャンペーン

 IE6は2001年にリリースされ、Microsoftから後継バージョンのIE7、IE8がリリースされているにもかかわらず、今なおかなりのシェアを占めている。NetApplicationsの調査によると、7月のIE6のシェアは27%に上った。
 このためWeb企業はIE6に対応せざるを得ないが、「IE6対応は難しく、いら立たしい作業で、過度に時間を取られる。さらにIE6は最近のWeb標準をサポートしていないため、開発者ができることに制約がある」状況に苦労しているという。
 IE6 No Moreは、IE6ユーザーにブラウザのアップグレードを呼び掛けることで、できるだけ早急にIE6ユーザーをなくすことを目指している。
記事
 Weebly社の主張はよく理解できるだけど、他のプラウザやIE7やIE8を使うと表示が乱れるなどの互換性の問題からIE6を残さざるを得ない状況にしているのは、他ならぬWeb開発者です。例えば、以前にも書いた電子入札のサイトはIE8が未対応だったりします。IE8しかインストールできないWindows7販売目前にもかかわらず。それに2002~3年頃の古いPCだとIE7でも結構重くインストールしても使うのをて諦めた記憶があります。
 下手するとWindows XPがサポート終了しても、IE6を使うユーザーがいなくなるとは言えない状況です。そういう人はサポートが終了したOSをネットで使う恐ろしさが分からないので仕方ありません。 
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー