FC2ブログ
 
 
 
 
 

クルーグマン教授の発言が新聞に出ていたが・・・

 
 「日本に謝罪」…かつて対日批判急先鋒の米ノーベル賞教授

008年のノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン米プリンストン大教授は13日、外国人記者団との質疑応答で、1990~2000年代のデフレ不況に対する日本政府や日本銀行の対応の遅さを批判したことを謝罪した。
 教授は、「日本は対応が遅く、根本的な解決を避けていると、西欧の識者は批判してきたが、似たような境遇に直面すると、私たちも同じ政策をとっている」と指摘。「(3月で8.5%と)上昇する米失業率を見ると、失われた10年を経験した日本より悪化している」と述べ、経済危機を克服するのは予想以上に難しいとの見方を示した。
記事
 この記事を読んで私は「誠実な人だな」というのが第1の感想です。自分の主張が間違っていることがその後の歴史で証明されても、それを認めないエコノミストが多い。 少なくてもそういった人に批判する資格はないと私は思います。
 アメリカは政府介入の抵抗が強いにしろ、日本に比べればの数倍適切な政策を行っていると思います。特に中央銀行の政策認識と実行力が違すぎる。日本なんかは、日銀法で定められた物価の変動よりも貨幣の流動性しか気にしてない。しかも自ら実施している政策に懐疑的な姿勢を崩さない。アメリカは日本と違って急速に膿を出したから急激に経済が悪化したが、間違っても日本のような「失われた10年」のような事態にはならないでしょう。以上、素人の経済予測でした(笑)。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー