FC2ブログ
 
 
 
 
 

岩田規久男『金融危機の経済学』東洋経済新報社、2009を読み終える

 
 最近時事ネタに流されている当ブログですが、以前に書いた岩田規久男『金融危機の経済学』東洋経済新報社、2009を読み終えました。
 岩田先生の本は購入前の予想通り読みやすい。サブプライムローンの複雑な証券化の仕組みや会計が分からない人のために債務超過の説明に貸借対照表を使って図示するなど、非常に親切な本といえるでしょう。今後の金融規制に関する話もあり、アメリカの金融危機を知るには非常に役に立つ1冊になるでしょう。

 参考にamazonの書評を見たが「リフレ派は当分、黙っていた方がいい」という書評には失望した。リフレ派に批判的なのは別にして政策提言との事象の説明と分けて評価すべきなのに・・・。それに「黙った方がいい」のは、リーマンショック以降欧米でまったく採用されていない清算主義のほうです(笑)。これが有用性の高いレビューとは、amazonの書評はいつもながらあてにならない。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー