FC2ブログ
 
 
 
 
 

騙されやすい人

 
 先日、徹夜で放送を見れれなかった「ロンドンハーツ!!!! 50年に1人の勘違い男、ボク芸人やめますスペシャル」を視聴した。放送内容は「狩野英孝に作詞作曲のオリジナルCD発売するという単純なドッキリ」なのだが、腹が痛くなるほど笑わせてもらった。と同時にいろいろなことを考えさせる番組でもあった。
 1つは狩野英孝の騙されやすいキャラクターだ。仕掛け人のロンドブーツ1号2号の田村淳が「上手くいきすぎてるけど、これやらせじゃない」と番組中コメントするほどのノリの良さ。豚もおだてれば木に登る(これはヤッターマンのギャグ)ではないが、狩野の場合はロケット付けて飛び上がるというレベルだ。最後に曲発表のコンサートで「ボク芸人を辞めます」という発言には仕掛け人一同開いた口がふさがらないかった。ドッキリとは知らないとしても、まだCD発売前の設定で海のものとも山のものともつかぬ状況なのに・・・。しかもまだ残っているお笑い芸人の仕事どうするんだ(爆笑)。番組中でも「狩野は素直で良い子」というコメントが何度か流れたが、自己批判がなさすぎる。L&Gが摘発されたばかりだが、本当に悪徳商法に騙されないか心配してしまう。歌手デビューを公表してないのに千人の観客が集まったり(当然全員仕掛け人)、今回初発表の歌詞を観客が知っていた(その理由は観客はリハーサルで事前に聴いてた)など、不自然な事もあり冷静に考えれば気づいてもおかしくなかった。しかし狩野は興奮していたことや「細かいことは気にしない」性格らしいく、最後まで気がつかなかった。「こんな人もいるのか」という驚きだった。
 もう1つは番組でも何度かコメントされていたが「仕掛け人は真面目にやらなければならない」ということだ。普通だったら痛い発言などの笑いや生意気発言で怒りが止まらない状況をかみ殺して仕事をこなすのは苦痛だっただろう。騙されるキャラの痛々しさと仕掛け人の地味な努力こそが、私が見た限り最高のドッキリが成立した。

 でもあんなに時間と金をかけるなら、もう少しまともな事に使えばいいのに・・・。不況による予算削減でこれほどの規模のドッキリはもう見られない可能性が高いが。本当にいろいろな意味で考えさせれる番組であった。 
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー