FC2ブログ
 
 
 
 
 

「何を今更・・・」以外評する言葉なし

 
 野口悠紀雄氏のマクロ経済学不在はお馴染みのことだが、まさか本人が認めるとは・・・。
 それは「野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む 100年の1度の危機に、ケインズはよみがえるか」という文章です。
 野口氏は、なぜマクロ経済学不在だったのか、こう説明している。
 私は、「マクロ経済学はくだらない」と考えていた。マクロ経済理論では、需要の変動が経済活動に影響を与えるというのだが、仮にそうしたことがあったとしても、小さな変動しかありえないだろう。経済活動の基本を決めるのは、供給側の要因であるに違いない。つまり、生産能力、労働者の状況、技術などである。
 もし野口氏の言うように本当に役に立たなければならば、マクロ経済学自体とうの昔に忘れ去られているだろう。この文章を読んで「何を今更」と以外評する言葉が見つからなかった。野口氏の日本経済論や経済政策論は、マクロ経済学を用いなかったためにずさん(経済学の初学者がよく陥る勘違いなど)で、ネットを中心に経済学がある程度分かる人間や専門家からにバカにされ続けた。失われた20年にしろ、アメリカ発金融危機という重大な出来事がありながら、なぜ今まで「マクロ経済学がくだらない」と思っていたか理解できない。そして野口氏今なぜマクロ経済学の有用性を認めたのか、詳しい説明がないので、本人以外には訳が分からないのである。

 それでも池田信夫氏のような「未だにマクロ経済政策は無効である」という石頭の構造改革主義(清算主義者)よりは百倍ましだ。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー