FC2ブログ
 
 
 
 
 

飯田泰之『経済学思考の技術』ダイヤモンド社を読み終える

 
 最近、読みたい経済本が見つからないため、ご無沙汰しいる書評ネタです。

 以前書いた、飯田泰之『経済学思考の技術』ダイヤモンド社、2003を読み終えました。
  経済関係の本をいろいろ読んだ私には物足りないものだったが、経済学初学者には満腹になるのは間違いないと思います。入門書なるものは、著者の論理性が不足しているため話が混乱し予備知識があっても読みにくい本が多い(笑)のだが、飯田准教授の本でそのような心配はありません。「なぜ経済学はあそこまで単純化して議論をするのか」という経済学初学者の疑問を正面から答えていることに好感が持てます。ただし経済学的思考を説明する本なので、標準的な経済学入門書(日大通信の経済原論等のリポートを書くにはあまり参考にならない。日本経済論には使えるかもしれないが)ではないので、『経済学思考の技術』を読んだ後、評価の高い経済学入門書を読むことをお勧めします。

 私が「通学の学生時代にこの本を読めば近代経済学(という表現が古い(笑))の誤解を解くために遠回りせずに済んだのにな」と実感させるいい本でした。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー