FC2ブログ
 
 
 
 
 

大学定員不足はここまで進んだか

 
 定員150人に新入生27人 新設校試練の開学 保健医療経営大 みやま市

 福岡県みやま市瀬高町に今春開学した保健医療経営大で7日、入学式があった。医療・福祉施設の経営者養成などを目指す単科大学だが、定員150人に対して入学生27人と、定員の2割に届かない厳しいスタートになった。
 同大は同県久留米市の医療法人「雪ノ聖母会」が設置した学校法人「ありあけ国際学園」が運営。昨年12月から推薦・一般入試など4回の試験を実施したが定員に満たず、3月26日と今月5日にも追加入試を行った。文部科学省は「定員充足率の低さは、開学初年度としても珍しいケース」と話している。

 新設で知名度がない上、特に福祉分野は「低賃金」「仕事がきつい」から、敬遠する学生も多かった((注)私は認知症のご老人の介護をされる方を尊敬しますよ。性格の悪い私には無理だから)と思うが、ここまで学生が集まらないとは経営側も含めて予想外だったでしょう。記事にあるように文部科学省は「珍しいケース」というが、少子化となぜか止まらない大学新設が続くかぎり、保健医療経営大みたいなひどい定員不足の大学は今後出てくると思われる。

 少子化を解消する妙策(今すぐ解決出来ても大学入学は18年後)もないし、現在では競争制限の規制を世論が許さないから一定の基準を達している以上文部科学省が認可しない訳にはいかない。自分の通学の母校を含めて大学がどれだけ生き残れるか、不安で仕方がありません。私は最終学歴日大通信になった(日大が潰れる状況になったら国内の大学ほとんどなくなる(笑))から、大分気が楽になりました。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー