FC2ブログ
 
 
 
 
 

不謹慎なネタを用いて真面目に語る本

 
 予想以上に遅れましたが、田中秀臣『不謹慎な経済学』を読み終えました。タイトル通り「天下りは合理的」などの問題など不謹慎なネタを用いながら経済学に従い真面目に語る、という本です。田中先生をご存知ない方なら、「オリンピックの後に不況になる?」という不謹慎なネタから金融政策の重要性が出てくるので驚くかもしれない。短文ながらじっくり読めるので、結構時間をかけました。最近は、日常の出来事を経済学から分析するという本が結構出てますが、どうしても海外の著名な学者によって書かれたものが売れてしまうのが実状です。経済学もしくは経済学者嫌いを少しでも減らすために日本の現状を書いた『不謹慎な経済学』のような本が売れてくれることを祈ります。海外で翻訳された本は、私には合わない場合が多いという理由もありますが・・・(「原書を直接読めといい」と言われても、私にはそのような能力も気力もありません(笑))。

 似た本で、次は野口悠紀雄『野口悠紀雄の「超」経済脳で考える』を読む予定だが、こちらは序文から「トンデモ本」の臭いがプンプンします(笑)。過去の経験からすると野口氏の本はくだらない俗説ばかりで正直読みたくないですが、読まずに批判してしまった自己責任ですので、仕方ありません。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2020/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー