FC2ブログ
 
 
 
 
 

政府が「サブプライムローン債務者救済」っていいの?

 
 ブッシュ大統領がサブプライムローン債務者を救済することを発表した(記事)。少しでも経済の混乱を落ち着かせたい気持ちは良く分かる。
 債権者と債務者が交渉により自主的に債権放棄するのは第三者が文句言う筋合いはない。
 でも政府が一方的に債務者を救済し、債権者に損失を与えるのは政府として正しい方法だろうか?しかも政府は「公的資金は使わない」言っているようだから、債権者に金利の一部を放棄させる補償はしないとことになる。私は「アメリカ経済が底まで深刻か」と思う一方、金融機関(金融システム崩壊を防ぐ)の救済でもない限り、今回の支援策はやはり賛成できない。
とインターネットの記事を読んで書いたが、昨日の日経新聞夕刊2面によると

 一方、今回の支援策の目玉である金利の五年凍結を適応する対象者の数は今後の個別の交渉次第で現時点でははっきりしない。実際に借り手との相談にあたる金融機関や債権回収の業者は「据え置きを認めるかどうかはケース・バイ・ケース」としか語らない。

 と書いてある。五年後の金利の急上昇は契約時に分かっていることだからほとんどのケースで金利凍結の納得できる理由を探すのは難しいだろう。これって「厳しく査定すると、支援がほとんど空振りになることもあり得る」と解釈できるではないか。結局、どの程度支援することになるかはまだ全然決まってないのね(笑)。
 そもそも日本でさえ少なくなっている年功賃金なる制度が(少なくてもアメリカのブルーカラーにはないらしい)ないアメリカで金利を凍結しても、債務者の年収が増える保証は無いわけで・・・。

 といろいろ書いているが、外国の話だから「他国民がいちいち口を出すこともない」と思うし「日本にとって平均株価が上がれば別にいいのではないか」と薄情な私は考えてしまいます。
スポンサーサイト





 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー