FC2ブログ
 
 
 
 
 

やっぱり戦国のホームドラマだった大河ドラマ「江」

 
 毎度の事ながら、書くのが遅れています。今日は12月1日だから、いい機会なので書いてみます。全然説得力ないですね・・・。

 田渕久美子女史が書いた大河ドラマ「篤姫」を視聴していたので、「江も戦国のホームドラマになるのではないか?」「史実上、江が活躍する機会がないので、江を異常に持ち上げる脚本になるだろう」と予想していましたが、予想通りでした。

 史実にうるさい歴史ファンは、江が明智側に捕まるという創作で挫折したと思います(苦笑)。あと、江の子ども時代の演技が「のだめ」みたいだ・・・、と評する人も多かったでしょう。私は上野樹里に全然見えない9歳を演じさせる方が悪いと思いましたが・・・。半分フィクションと割り切れば、家康に反抗的な秀忠とか、普通の歴史ドラマでは見られない組合わせもありましたので、結構楽しましたね。それに、家光と御台所がまともな夫婦生活ができなかった(それが普通らしいけど)ことなど、都合の悪いことは尺の都合でカットとというのはいただけなかった。

 あと問題なのは、400年以上の前の話なのに「戦争はいけない」など現在の価値観で語っていることです。真田家を代表されるように「自分の家を守ってくれない主君などいらない。主君を変えるのは当然」とか「家を残すためには肉親と争うことも辞さない」というのが当時の武士の社会通念です。それに、まともな情報が入らず冷静な判断ができなかったとはいえ、太平洋戦争も多くの日本臣民の支持により開戦されました。70年ほど前でさえ、現在と価値観が全然違うのです。この点は、江は当時の社会通念とは全くの別物と割り切ってみる必要がありますが、どれだけの人ができたのでしょうか?

 このような江の視聴率が、「大河「江」平均視聴率は過去10年でワースト3位、17.7%」と知っても、「そうだろうな」という感想しか持ちません。 

 いずれにしろ、一年間飽きさせなかったことだけは感謝します。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2011/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー