FC2ブログ
 
 
 
 
 

通貨に関して分かってないと認める人が書く通貨を語るトンデモ本

 
 私はかねてから、浜矩子女史の「1ドル50円時代」の根拠が知りたくて『「通貨」を知れば世界が読める』を購入。内容は期待してなかったが、ひどすぎる。

 はっきり言ってこの本を読む限り「1ドル50円時代」が到来する具体的な根拠は書かれていない。「著者がそう思っているから」という以上書けないのだ。もしかしたら『1ドル50時代を生き抜く日本経済』には書いてあるかも知れないが・・・。しかし、本の副題までなっている「1ドル50円時代」の根拠がないのはすごすぎる。

 予想どおり著者がまともな通貨理論を語ることはない。引用してみよう。
 そもそもなぜ通貨が高くなったり安くなったりするのか?
 一番単純な答えは、「その通貨を持つ国の力」となるだろう。
(P28)
 素人同様単純な考えですね(爆)。では国の力とは何か?
 国力とは何か、という定義は厄介だが、経済学的に発展しており、破綻する心配がない国の通貨の方が、赤字だらけで経済も低迷しているような国の通貨よりも高く評価されるのは理の当然だ。(P42)
 その考え経済学的に間違ってますけど・・・。貨幣の価値が、需要と供給などの経済理論で決まらず、人々の思っている経済イメージで決まると主張するなら「私は経済学者じゃない」と宣言しているようなものですけど、大丈夫ですか?引用を続けよう。
 いや、正確には「かつてそうであった」と言うべきかも知れない。
 なせなら、こういった単純な理屈で説明できない事態が世界中に進行しているからだ。複雑化してしまった国際関係において、様々な思惑が「あるべき場所」に落ち着くことを妨げているのだ。
(P43)
 事態が説明できないのに、著者は自分の考えが根本的に間違っているという発想はないようだ。例えば岩田先生の『デフレと超円高』読めばこういった誤解解けるのに・・・。というか、この本新書であるにしても、巻末にも参考文献一覧すらない。歴史の出来事などを説明する写真はあるが、1つの図すらない。田中先生・上念氏の『震災恐慌!』のような緊急出版の対談本ですら図があるのだが、これでは「著者の思いつくまま書いた」と批判されても仕方がない。

 そもそも「震災後に円高になったのが、今までの概念を変えるような出来事」と本書に書いてあるが、震災前から日本経済が低迷していても円高傾向だった訳で、「今更何を言ってるだ?」という印象しか残らない。
 国際競争力なるもので通貨のことを書く本はいくらでもあるだろう。だが、自分の思っている通貨に関する主張が現実に通用しないことを分かっていながら、『「通貨」が分かれば世界が読める」という本を書く神経が私には理解できないのだ。なにしろ著者自身が世界を読めていないのだから・・・・。 

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー