FC2ブログ
 
 
 
 
 

生肉食中毒時間に関する雑文

 
 生肉による食中毒事件により焼き肉チェーン店で焼き肉チェーン店に家宅捜索が入った。食中毒の原因になった病原性大腸菌がどこで付着してしまったかは、まだ調査中ではあるが・・・。とはいえ、店の衛生管理の不手際は避けられない。

 この事件の報道を聞いて「リスク」というものを改めて考えさせられた。下手(専門的な知識を持っていないという意味)に知っていることとはいえ異常に過敏になっている。でも、少なくても今の時点では放射能による死者は出ていない。だが、生肉を食べるのが命の関わる危険な行為であるが知らないので平気でリスクを冒しているということだ。と偉そうな事を書いているが、私も何も知らずに生肉を食べたことはあるが・・・。

 それでも、何かと規制を儲けたがる日本で、生死に関わることが店側の自主管理に任されていることが非常に驚いた。まあ、ふぐ料理の場合でも、取り扱いの資格者など国内で統一された基準がなかったことを思い出しました。今回の事件で厚労省は、罰則付きの規制強化に動いている(動かざるを得ない)が、ふぐや毒キノコ等他の食品に関しても、命に関わる食品の規制や監視は、きちんとやって欲しいものだ。

 客は必要な情報を入手るのは手間がかかるので、業者を信用して食べるしかないのだから・・・。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー