世代の差と社会認識の甘さを思い知らされた母の発言

 
 今日NHKニュースで生活保護の話が報道されていた。そこでは、生活保護を受けていた36歳の男性が取材に応じていた。そこで母は「まだ若いのだから仕事は何でもあり、贅沢を言っている。努力が足りない」という意味の発言をしていた。この発言を聞いて呆れてしまった・・・。

 新卒の就職だって苦労しているこのご時世、取材に応じた彼よりも若く優秀な失業者がいくらでもいるが、母の考えはそこまで及んでいない。彼がインタビューに答えているように「資格や正社員としての実務経験がないと相手にされない」という意味だったと記憶しているが、その通りだろう。36歳という年齢では、年齢を知った時点で門前払いされる場合も多いのだろう。年齢に関しては努力のしようがない(涙)。経歴詐称するわけにもいかないし・・・。

 彼は就職用のスーツを持ち就職する意欲は残っているようだが、就職活動をする意欲はなくなってきているようだ。確かに就職できる可能性が低ければ、就職活動に関する出費が無駄に思えるのが合理的な判断だ。派遣切りにあった彼が今後希望の持てない派遣労働者に戻る気がないのも理解できるのだ。生活保護打ち切られば、派遣に戻るかもしれないが、私からはそんなこと言えないな・・・。

 こういった母の発言を聞くと、いい時代の記憶が強烈に残っている世代の違いと、社会認識の甘さを痛感させらる。このような世代が多く、そのような認識で選挙に行き、政治に大きな影響力を与えるんだから、そりゃ世の中なかなか良くならないわな・・・。しかも母は、自分の考えが正しいと思っているから、私の言うこと聞かないし、本当に始末が悪い・・・(溜息)。

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

今だからこそ必要な提言 田中秀臣・上念司『震災恐慌!』

 
 まだ精読してませんが、ブログ全然更新してないので、とりあえず書いておきます。

 書かれている内容に関しては、異議は一切ない。だが、お二人が本気で対談されているので、リフレ派の主張に関する基礎知識がないと理解するのは大変だろう。ということで、一般的にはちょっと敷居が高いと思っている。まずはリフレ派の入門書(結構あるのでちょっと思いつかないが)を読んでから、震災の経済政策という応用として本書を読めば理解しやすいのではないかと思っている。

 その一方、著者達はTwitter等で積極的に情報を発信しておられるので、著者達がフォローして常時ツイートを読んでいる方は「もう知っている話」と思っている人も多いだろう。

 だが、Twitterの性格上ツイートを長期間保持するのに向かない。そしてネットに接続出来ない人は、Twitterやブログ等からの情報収集ができない。そして今説得をしなくてはいけないのは、有権者数として多く、かつ積極的に投票するのは、中高年の方だ。情報の長期保存とネットが得意でない人々が多い中高年を説得するには、書籍化はいい手段だろう。

 この本がどれだけ社会に影響を与えるのか私には分からない。だが何もしなければ、煽りではなく本書に書かれる「震災恐慌」は現実になりそうなのは、間違いないだろう。そうならないことを祈るばかりである。

 なんか書評っぱくなくなってしまったが、文章力の弱い私にはいつものことですね・・・。と、オチがなく文章を終える。

 
 
 
 
 
 

困惑し続けたアニメ版「もしドラ」

 
 かなり遅れたけど、どうしても文章として残したかったので書きます。

 かなりおくれたが、アニメの「もしドラ」を全10回視聴し終えた。物語としてまったく面白くなかったし(結論が最初に説明されていることもあるが)、「今話題の原作だから」という以外の意図で放送するのかさっぱり分からなかった。

 一つは、予想されていたことだが、企業経営を前提にされているドラッカーのマネジメントを高校野球に無理矢理当てはめてしまったため無茶苦茶になっている。例えば、「高校野球でマーケティング」とあるから、野球部のファンや部員の保護者を顧客と仮定し意見を聞いてその人達を満足するようにチームを作る、と思ったが、部員に話を聞いて終わり。「なにそれ?」というのが率直な感想。「そういう話なのか」、と最終回を視聴していたら「ファンを満足させるような野球をします」って、ファンを顧客と考えているキャプテンの発言で終わっている。結局、この物語での顧客って誰だよ?訳分からん。

 もう一つの驚くべき問題は、「マネジメントが素晴らしい」という目的で書かれた物語のはずなのに、「マネジメント信仰の弊害」としか思えない話になっていることだ。例えば、「高校野球にイノベーションをおこす」という理解不能な目標と(チームが勝ち続けて努力した結果の手法が後からイノベーションと呼ばれるのは全然問題ないが)としている。そのイノベーションこそが、ノーボール(ボールを意図した投球を行わない)・ノーバントという戦略だが、「自ら手を縛るような行動をしてどうするの?」(苦笑)。物語中では、相手チームが意図しない奇襲として成功するが、こんなものデーター分析や関係者の証言から相手チームに知られてしまったら、自分のチームを苦しめる結果にしかならないだろう。そして「自分が相手のことを考えず勝手に作った戦略に固執し、柔軟な対応ができなくなる」、となればマネジメント信仰の弊害としか私には思えない。地方予選決勝や準決勝での話って、「マネジメントのお陰で勝った」というよりも「単に運が良かった」とか「精神論で勝った」としか思えないんだよね。こんなストーリー展開でいいのか?

 いろいろ書いたけど、原作を読んでいないので原作が悪いのか、アニメ化の過程で悪くなったのか現時点では判断できません。そのうち原作を読んでみようと考えてます。原作もツッコミ所満載で読むの大変そうだけど・・・。

 
 
 
 
 
 

震災から2ヶ月 進まぬ復興政策に呆れる・・・。

 
 例によって床屋談義です(笑)。

 本日で震災から2ヶ月経過した。私の住む千葉県内では、節電のため建物内が多少暗くなっている以外は、ほぼ通常の生活に戻っている。ただ、空梅雨で水力発電に使う水がすくなくなるとか、真夏の最高気温がどれだけ上がるかの不安定要素が多いので、夏に電力不足になるかどうかは、私には分からない。計画停電にならないことを祈るが・・・。

 しかし復興政策が遅れていることに呆れるしかない、というのが現状だ。この2ヶ月で復興政策が決まったのは、たった4兆円規模の第一次補正予算だけだ。しかも「首相、2次補正の提出時期「白紙」」だそうだ。これだと被災地の復興を放置していると言われても仕方がないだろう。

 しかも今年度の公債特例法が成立していない以上、今年度の赤字国債新規発行ができず、通常予算の約6割の調達手段ができない状況であることを忘れてはいけない。このまま公債特例法が成立しないと、国庫の資金ショートがおきないかどうか、気になって仕方がない。そして真性ねじれ国会の状況で、マニフェスト維持のため野党との妥協が出来ない与党の国会運営は評価できないというしかない。しかも岩手・宮城・福島県の状況を考えれば、解散総選挙は無理だろう。ますます袋小路の状況は強まっている。
 自民と民主の連立をしたにしても、この状況での増税大連合になりそうだし(苦笑)。

 本当に今後の政治に期待できない状況になっている・・・。

 
 
 
 
 
 

それなりにいろいろあったゴールデンウィーク

 
 GW終わって数日経っていますが、その点はご勘弁を。

 東日本大震災後初のGWになった訳ですが、私個人としてはそれなりに過ごしました。

 一番驚いたのは、5月4日朝の真冬を想像させる北風でしたね。防寒対策をしっかりしてなかったこともありますが、あの風は2月のような風でした。例年だと、屋外にいて首が日焼けしてヒリヒリするので日焼け止め購入したのに・・・。いやはや。4日午後からは風がおさまったのでやれやれでした。GWの恒例行事は、順調に終わったのは何よりです。

 さすがに秋葉原もGWにはかなり混雑しておりました。ただ皆様の財布の紐は固いようで、メイド・コスプレ関連のチラシ配り攻勢はすごかったです(笑)。GWに新規オープンしたメイド・コスプレのリフレ店に来店しましたが、生き残るのはなかなか大変そうです。といっても、これは震災以前からの話ですが・・・。特に3月は震災による店舗の被害(秋葉原古いビル結構多いので)や自粛ブームや外国人観光客の減少などの影響が出たので、ご苦労されたと思います。

 地震の復興が進まないことや原発の問題で、不透明な点も多いですが、来年のGWは今年以上に良くなることを祈らずにいられません。ただ増税されると、そうはいかないでしょうね・・・・。

 
 
 
 
 
 

メイドリフレクソロジー chocolat(しょこら)に行って来ました

 
 5月1日にグランドオープンした「メイドリフレクソロジー chocolat(しょこら)」に行ってきました。先月29日にビラ配っていた時にメイド服を見ましたが、後ろが白いレースみたいになっているが印象的たったのが主な理由です。

 他のメイドリフレとちょっとシステムが違う点があります。
 まずは完全指名制です。私が知る限り、メイドリフレでは初めてですね。ちなみに私は指名料払っても、指名はしませんが・・・。
 そしてメイドリフレの定番「足つぼリフレ」がありません。個人的には、メイドさんを見ながら施術してもらえる足つぼが一番大好きなんですけどね。
 その代わり、他のメイドリフレ店ではあまりない「足踏みリフレ」はあります。実際に施術して貰いましたが、足踏みの範囲は足のみのようでした。今後腰など範囲を広げるかは私には分かりません。

 開店したばかりなのでメイドさんも慣れていない点がありましたが、一生懸命さが伝わったので満足しました。
 記念にツーショットチェキを撮ったのですが、節電で照明を落としているせいか画像がちょっと暗く映ってしまいました。チェキのカメラのフラッシはあまり強くないようで、ちょっと暗い場所だと背景が暗く映ってしまうですよね。こういった点は改善して欲しいと思います。お店の方ですでに気がついているかも知れませんが・・・。

 開店間もないこともありますが、今後のお店の発展を期待しております。

(追記 2011/09/01)
 先日、再び来店しました。チェキを撮影しましたが、今度はちゃんと映っています。別にいいけど、この店はポイントカードないのかな?(ポイントカードがない店珍しいので書いただけです)

 
 
 
 
 
 

生肉食中毒時間に関する雑文

 
 生肉による食中毒事件により焼き肉チェーン店で焼き肉チェーン店に家宅捜索が入った。食中毒の原因になった病原性大腸菌がどこで付着してしまったかは、まだ調査中ではあるが・・・。とはいえ、店の衛生管理の不手際は避けられない。

 この事件の報道を聞いて「リスク」というものを改めて考えさせられた。下手(専門的な知識を持っていないという意味)に知っていることとはいえ異常に過敏になっている。でも、少なくても今の時点では放射能による死者は出ていない。だが、生肉を食べるのが命の関わる危険な行為であるが知らないので平気でリスクを冒しているということだ。と偉そうな事を書いているが、私も何も知らずに生肉を食べたことはあるが・・・。

 それでも、何かと規制を儲けたがる日本で、生死に関わることが店側の自主管理に任されていることが非常に驚いた。まあ、ふぐ料理の場合でも、取り扱いの資格者など国内で統一された基準がなかったことを思い出しました。今回の事件で厚労省は、罰則付きの規制強化に動いている(動かざるを得ない)が、ふぐや毒キノコ等他の食品に関しても、命に関わる食品の規制や監視は、きちんとやって欲しいものだ。

 客は必要な情報を入手るのは手間がかかるので、業者を信用して食べるしかないのだから・・・。

 
 
 
 
 
 

アイドルリフレ きゅ~とぴあ に行ってきました。

 
 先月28日に開店した「アイドルリフレ きゅ~とぴあ」に行ってきました。

 制服見ると分かるように、現在のアイドルのイメージはAKBなんですね。80年代アイドルを知っている(当然子供でしたが)世代からすると、時代が変わったものですね。

 内装や店自体の雰囲気も良く、担当してもらったアイドルさんとの会話もはずみました。ただ施術の技術は徐々に上げて欲しいかなと思います。アイドルがリフレをやるということを重視しているかもしれませんが。

 こちらの紹介記事(ここまで詳しい記事は珍しい)を読むと、「今後店が取り仕切って、CDやライブ活動に参加させてアイドルとして扱う」ようですね。そうでないと「アイドルじゃない」と言われるとその通りですが。ただ、そのやり方で過去いくつかのメイド喫茶がやりましたが、あまり成功せず、劇場を作っての専業アイドル?のAKBが成功したという歴史はあります。別にこの店もうまく行かないということを指摘している訳ではありません。念のため、書いておきます。

 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー