高橋洋一『官愚の国』を読んでみた

 
 日曜日に高橋洋一『官愚の国』を購入したので、ざっと読んでみました。

 本を読むと著者が公務員試験の試験委員の経験があったとか、財務省は、財務省外の人事院や総務省に出向して、本来の公務員給料を管理してだけでなく、人事院で各省の人員管理、総務省で全体の公務員数まで管理しているとは全然知らなかった。その原因が、旧内務省の解体と、旧大蔵省がGHQの追求をのらりくらりと逃げながら権益を確保したなど、興味深い話が多い。もちろん、『さらば財務省』等過去の著作にも書いてある話も多かったが。

          、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 そして著者は「官僚はたいした能力が求められていない」(P25:傍点原文のママ)と断言する。それは、「何かの問題を与えられてきたときは、あらかじめ学習したことならきちんと答えられる、その能力だけを問うている。ということは、官僚は創造性はいらないし、本当の問題解決能力もいらない。」(P26~27)という。確かにその通りだ。現政権は、会議を乱立させ政治主導を発揮していないが、官僚も異常事態に対応できないでいるのは間違いない。

 例えば、原発が破壊した残骸を合法的に処理する法令が現在ない(現行の廃棄物処理法では放射能を含む廃棄物は対象外。原子炉が破壊された大量の残骸をどうするかと問題を考えられなかったし、そのような法令をつくれば「いつか壊れるやっぱり原発は危ないじゃないか」とツッコミがあるので、作れなかったのが実情だろう)そうだが、そういった難題は審議会でも作って原子力や産廃処理の専門家に丸投げするのが関の山だろう(未知の問題なので官僚が介入しにくい)。

 そしてやろうとしているのは、増税や財政再建など震災以前に学習したことを状況も考えずやろうとしている・・・。あるいは、東電の現状の体制をできる限り残そうとする救済(補助)である。

 政治主導が叫ばれて久しいが、本書に書いてあるように高級官僚は一労働者ではなく「政府の取締役にあたる」地位であり、政策の結果責任を問われるべきだ。実際に法案を書いているのは、他ならぬ官僚なんだから・・・。そして官僚がクビになっても困らないように失業保険もきっちり払うべきだ。不祥事で退職した時に役立つし(笑)。そうすれば、雇用保険を流用して旧雇用促進事業団みたいに無駄な保養施設など作りにくくなるだろう。

 政治家も官僚も変わらないと、デフレは継続するし、増税は止まらないなど日本の将来はますます暗くしかならない・・・。

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

UVD3に釣られちゃいました・・・。

 
 私は、「Radeon HD6XXXシリーズ」が販売された時に動画支援機能「UVD3」が搭載されていると聞き興味を持っていた。その目的は、動画支援機能によってPCが少しでも軽くなることを願ってだ。だが、GPUの常として消費電力の制約がないハイレンジの製品が優先される。当然、補助電源が必要となるので、今まで購入を控えてきた。

 今週、AMD社の「Radeon HD 6450/6570/6670」が販売されたので、徹夜明けでしたが、早速購入してみました。ただ昨日時点では、SAPPHIRE製のグラフックカードしか店頭に並んでいませんでした・・・。震災の前までは、Radeon HD5670を使っていたので後継の「6670」にするか、現在節電用GPUの「5450」の後継「6450」と、どのGPUにしようか迷いましたが、とりあえず中間を取って6570に落ち着きました。VRAMも2GBのも販売されていますが、DDR3の1GBです。

 ハードを変更したので「Windows Windows エクスペリエンス インデックス」を動かすと、「グラフックス」で「6.8」という予想以上に高い数値が出ました。私は「5くらい評価されればいいのにな」と思っていたのですが。ちなみにVRAM512MBの5670のスコアは7.0でした。VRAMのせいかもしれませんが、下から2番目のGPUだから、どんだけ評価高いのでしょう。まあ、ベンチマークテストやゲームでもやらない限りその性能の高さを実感することはあまりないでしょうが。

 でも、1スロットのみの6670が販売すれば購入しちゃう気がします・・・。

 
 
 
 
 
 

無線LAN接続に一苦労(苦笑)

 
 先週末は、外出した上モバイル環境がなく1日分TLを読めなかったが、今週はポケットWi-Fi端末が届いたから大丈夫と思っていたら、慣れない無線LAN設定で一苦労しました(苦笑)。

 一番の原因は、私が説明書を熟読しなかったことです(笑)。いつもだと適当に見ても設定できてしまうのだが(単なる偶然?)、今回は全然ダメでした。しかも、「接続できない」と苦労していたら、単に無線LANをONしてなかったという単純ミス(今まで使ってなかったから切っていた)という単純ミスも重なった。いやはや。

 苦労して、なんとかネットに接続できるようになりました。無線LAN接続は、LAN側でWi-Fi端末探さないといけないから接続に時間かかりますね。これなら今までのUSB接続の方が早いような気もするが、USB接続だとダイアルアップ型式(懐かしすぎる)だし、ネットブックの3つしかないUSBボードの1つを使うのは厳しいのだ。しかも1つは、ReadyBoost用のUSBメモリーが常駐しており、もう1つはマウスに接続している。そしてUSBのモバイル端末を接続するとUSBの空きがないのだ。今までの環境だとネットに接続しながらCDやDVDドライブを動かすのが厳しい環境にあった(重くなるのでそんなことやらないけど)。
 これが無線LANにより解消したのは大きい。パソコンに限らず、他の無線LAN機器にも接続できるようだし。

 まだまだ無線LAN接続に慣れていませんが、徐々に修行していきます(笑)。 

 
 
 
 
 
 

震災から一ヶ月 ここまで事態が進まないとは・・・

 
 本当は昨日書くつもりだったが、書きそびれました(苦笑)。

 昨日で震災から一ヶ月経過した。個人的には3月の年度末ドタバタがあったので、あっという間というのが実感だが、震災の影響がここまで深刻で、復興がここまで進まないとは予想外だった。

 まずは余震が全然収まらないことだ。震災後数日の余震は予想していたが、一ヶ月経過してまだ震度6弱レベルの余震が来るとは想像だにしてなかった。
 そして東北新幹線等交通機関が完全に復旧してないことも予想外。第三セクターなどの小さな私鉄は画像を見た限りでも、再開するはまだまだ先だろう。資金の問題もあるし。
 原発も一ヶ月経過すれば、ある程度は落ち着くと思っていた。だが、汚染水の処理等事態の収束は全然見えない。それどころか昨日は避難地域が拡大してしまっている・・・。ここまで原発に手を焼くとは誰もが想像してなかっただろうけども、これから避難される方、そして避難生活一ヶ月を経過した方は不憫でならない。

 このように復興やまだまだ続く原発の問題に対して、政府は相変わらず後手後手に回り復興対策が見えない。第一次補正予算案として報道されているのがたった4兆円規模という情けなさ。この状況で赤字国債を出さずに財政を乗り切ろうという神経がさっぱり分からない。高橋洋一教授ではないが、間違いなく一桁足りないだろう。そして「○○会議」というの諮問機関らしきものが乱立して、誰が主導して復興を行うのかも国民からは見えない。少なくても、あまり表に出ない菅総理ではないのは間違いなさそうだが・・・。
 そして日銀も流動性の確保だけ気にしており、金融緩和など復興に関しては「それは政府でやるべきことで、うちは知らん」といった態度。政府の子会社という意識がない日銀には、いつもながら呆れる。

 といっても、改善したこともある。ガソリン等の物不足は単なるパニックだから解消は予想していたが、さすがに一週間ほど続くとは想像してなかった。正直、「年度末なのにガソリン・軽油不足で会社の仕事休業するのではないか」と焦った。
 開始当初「計画停電は、このまま続くのか」と覚悟したが、皆の節電の努力により夏までは回避できたようだ。これは予想外の良い出来事だった。多少街が暗くても、計画停電に比べれば我慢できるレベルだ。
 公営住宅の受け入れや、仮設住宅の入居も始まり、徐々に避難している人は減りつつある。だが原発関連は増えるようだが・・・。

 震災から二ヶ月後には、もう少しは改善することを祈りながら、この雑文を終わります。

 
 
 
 
 
 

純愛を貫き通せなかった昼ドラ「さくら心中」

 
 震災の影響により、一週間遅れて東海テレビの昼ドラ「さくら心中」が本日終了した。

 このドラマは純愛がテーマーだったが、ストーリー的にも、視聴者の期待の点からも、それは許されないことだった(苦笑)。脚本家の中島丈博がドロドロドラマが大得意だからであり、視聴者もそれを望んでいるからだ。ドラマの中盤は、その期待を裏切らずドロドロの世界が展開される。

 このドラマで印象に残ってしまうのは、やはり中澤裕子演じる明美の「愛の歴史ケーキー」のシーンだ。二人の思い出の品物がケーキーに入れられており、ゴムを持って明美が語るシーンが目に焼き付いて忘れられない。演じた本人は忘れたいシーンだろうが・・・(苦笑)。女優だって嫌がっても仕方のない役を演じきったことにたた感動するばかり。

 そしてこのドラマの最後は悲しいながらも美しく、ただのドロドロドラマに終わらせなかった脚本家の意地を感じました。私としては、中島先生にも東海テレビで普通(子どもに安心して見せられる)のドラマも視聴したいですけどね。ドロドロは面白くても疲れるから、数回に一回楽しいドラマも見たいのが本音だ。同時間に放映されていた「ドラマ30」もなくなったので、別にジャンルに拘る必要もないし・・・。

 次はサスペンスか。どうなるんだろう?

 
 
 
 
 
 

ここから喜べない桜満開の入学式

 
 今日地元では入学式だったようだ。仕事で桜並木の下を運転していると「ようやく春が来たな」とほっとする。昨年みたいに4月に雪が降らないことを祈りたい(苦笑)。

 例年なら春を素直に喜べるのだが、今年は震災や福島原発の影響で素直に喜べない。津波や地震によって多くを失ったや、原発周辺に住んでいた方は地元に戻れず避難先で入学式や新学期を迎えているからだ。このままでは震災の影響により就職事情がますます厳しくなるのが予想されるので、しっかり学びそして進学や就職活動をしてもらいたい。と、私は偉そうなことを言える立場ではないが、人生の先輩として一応言っておきます。最終学歴の日大通信も書類審査だけで入試やってないし(笑)。もっとも通信制大学は、書類審査や志望理由書(私が現役の時はなかった)を書くだけですが。

 個人的は話はどうでもいいとして(なぜ書いた?)、このように思うと花見などを自粛したい気持ちはよく分かる。だが、ただでさえ東北地方の消費が落ち込んでいる時に、自粛によりさらに経済活動を落ち込ませてはならない。自粛し続ければ、企業の売り上げは減り、従業員の解雇や生活保護受給者の増加など、日本全体がますます悪くなるしかない。こういう時だからこそ、あえて花見などを行い派手に消費したいものだ。

 東北はこれから桜の季節をむかえる。GWには弘前など花見の観光客で例年賑わようだが、交通手段の問題もあり、今年は観光客は減少するだろう。こういった時だからこそ、東北に行き花見を楽しみながら、東北の地域振興に微力なら協力するのも悪くない。と、書いているが、GWは毎年家の用で外出できないのだが・・・(苦笑)。

 今日桜並木の下を運転しながら、こんなことを考えてしまった。

 
 
 
 
 
 

イーモバイルさんお世話になりました・・・、じゃなかった

 
 ネットブックを購入して2年経過したので、イーアクセスさんとのモバイル通信契約を解除しました。いわゆる100円パソコンを購入する(私のはメモリー増設済みのPCを購入したので100円ではなかったが)には、イーモバイルとのモバイル通信契約が必要なのです。途中解約されるとイーモバイルさん大損してしまうので、当然携帯電話でお馴染みの2年縛り有りです。今月は2年目で契約解約料が最小になるので、解除することにしました。

 PCのモバイル通信は、自宅にいない時期(盆正月やGWなど)に使っているだけど、使用量が時期によって使用量が全然違うだよね。来月以降の最低料金が2,000円だし、定額料金の無料プラン変更のご案内も頂いたが、定額で使うほどモバイル平均的に使ってないので解約することにしました。

 サービスカウンターで直接解約手続きとったんだけど、「2年の区切りで解約する」と言ったらさほど説得されずに解約してもらった。どうやら私をネットブックを購入目的で契約し、モバイル通信をほとんど使っていない人だと思ったようだ。それも半分は正しいだけどね。

 これで「イーモバイルさんの回線はもう使いません」ということには実はならない。直接契約よりも最低金額や最高金額もさほど高くないプロバイダーとの契約でイーモバイルさんの回線を使う予定であり、既に申し込んである。まだ端末は届いてないけどね。

 今回の解約に付き、部屋の中から懸命に契約時に渡された箱を探した。だが実際にやるとUSBメモリーの形のカードから職員がSIMカードを抜き取って通信できなくするだけで、終了となった。箱もUSBメモリー形の返却も不要だったようだ。せっかく、苦労して箱探したのに・・・。まさか無駄になるとは(溜息)。

 直接の契約はなくなったけど、イーモバイルのネット回線は、今後お世話になります。こうような事を書いて公開するのは心苦しいが、私もお財布がちと厳しいので・・・。まあ「メイド関連の支出を抑えればいい」というご指摘には何ら反論しませんが、私にとっての効用が違うということで、ご容赦を・・・。

 
 
 
 
 
 

予想以上に面白かった、朝ドラ「てっぱん」

 
 今日、朝ドラ「てっぱん」が終了した。放送前はあまり期待していなかったが、第1週のテンポの速い展開に驚かされたが、本当は優しいが不器用で優しく出来ない大阪の人々の心を動かすという、今回の脚本も見事だった。
 瀧本美織(インタビューを視聴すると役とあまり雰囲気が変わらないが)や田中初音役の富司純子はじめ他のキャストもきちんと演じていた。まあ、脚本が良くてキャストが外れというドラマは少ないのだが・・・。最終回にも田中荘の意外な展開を持ってくるとは、さすがです。

 東日本大震災の影響で、BS-Hiと、NHK総合などその他の放送では番組終了が1週間遅れてしまった、という珍しいドラマ展開になってしまったことが惜しまれる。ちなみに私は震災後BS-Hiを視聴してたので、先週視聴を終えていましたが、一応すべての放送が終わってから書いた方がいいと思い、本日書いています。

 昨年度は、「ゲゲゲの女房」「てっぱん」と予想以上にいい作品が続いたので、次回作の「ひまわり」はどうでしょうか・・・。これだけは視聴してみるまで分かりません。

 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2011/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー