FC2ブログ
 
 
 
 
 

メイド喫茶へのクレーム体制

 
 メイド喫茶・コスプレ関連店舗は、比較的クレームが付きやすい産業ではないだろうか。例えば、マスコミなどの間違った情報やイメージを鵜呑みにして「実際に違う」と思ったり、若い店員さんが中心となって働くので配慮が至らないことがあったり、私が実際に知らない驚くべきトラブルも多くあるのだろう。

 その一方でメイド喫茶のクレーム処理というのは、私の知識不足のせいで、どうやって行われているのかいまいち分からない。

 店内で文句をいうのが一番多いだろう。ドリンクをこぼしたとか店員の自己責任の範囲ならそれも仕方がないが、価格などシステムの問題を店員に言うのは可愛そうだ。なぜなら、店員が最終決定している訳ではなく、あくまでも店のマニュアルに従って動いているに過ぎないからだ。こういった苦情は、経営者に直接言う必要があるのではないか。
 それに客とはいえ、きちんとお金を支払う店内にいる他のお客を不快な思いをさせる権利はない。

 となると、店外で文句や意見を言うとなると、相当難しい。メイドの出勤予定を聞かれたくないのか、電話番号を公開していない店も多い。メールを出すにしても、返事が来ないと本当に読まれているのすら分からないのだ。
 そして一部の店の経営者は、道交法無視のチラシ配りや賃金不払いの噂など、違法行為を放置しネット上でもさんざん指摘されているのに改善されていないので、法令遵守の意識が非常に低いと言わざるを得ない。「このような経営者に意見しても話が通じるだろうか?」と思ってしまう。
 要は、意見が届いているかどうか、それが聞き入れられるかが、分からないのである。

 そこで、愚痴をブログについ書いてしまったりするのだ。言い訳がましいことを書いているのは、自覚してますので。失礼なことを多々書いてしまう(しまった)ので、その時は指摘してくれば助かります。今後も、適時訂正やご意見・反論もしっかり掲載していきたいと考えています。

 こういったことを、ブログにわざわざ書いて公開するのは、気力も体力も使う。客とすれば、「損をした」とか「私には合わなかった」と思ったら普通の行動は「クレームをつけずに、二度とその店に行かない」というのが合理的な普通の行動なんだよね。ネットに公開しなければ今後トラブルになることもないし。

 「お客様は神様」ではないので、理不尽な意見や要求を聞く必要はないと思っている。私自身も客からの理不尽な要求に内心頭に来ていることはしばしばだ。経営側はしっかり選別してください。

 ここまでいろいろ書いたけど、経営者は別に客の意見など聞かなくても構わないだよね。客のニーズと合わず、客(特に常連客)が少なくて常にチラシ配りしないと、客が集められない状態になっても、冷たい言い方だが、それは経営者の責任だから・・・。
 メイド・コスプレ関連店舗は、いろいろあるから、客は不満ならば別な店に行けばいい。

 う~ん。この記事も思いつくまま書いたから、本当にダメだな(笑)。でも公開ちゃう。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー