FC2ブログ
 
 
 
 
 

経済財政諮問白書には中立な立場で書いて欲しい

 
 昨日今年の『経済財政白書』が公表された。毎年私はこの白書をまともに読む気にならない。

 その理由として、「政府機関としての制約から政府寄りの内容しか書けない」からだ。竹中氏が経済財政担当大臣だった時代の経済財政白書の副題は「改革なくして成長なし」であった。構造改革なくして成長無しと主張してきた小泉政権下で需要不足による原因を主張できなかったのだ。だが、菅政権になると需要不足による不況を堂々と主張できるようになった。経済分析は、政権の事情に左右されず客観的に分析し、その内容から国民が判断する良き材料になるべきである。経済の専門家から「政府の都合のいい話ばかりで、使えない」となったら、税金と手間暇かけて作った甲斐がないではないか。

 それに、実際批判しているか分からないが、日銀に対する批判は遠慮することはない。なにせ日銀も政府に対して権限外の口出しをしているのだから(笑)。まあ、金融政策やそもそも「日銀総裁を含めた幹部の人選を間違っていた」とは現政権ではタブーで書けないような。

 私は、常に暴走して止まらない日銀の独立性よりも、経済財政白書等政府発表の中立性を望んでいる。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2010/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー