FC2ブログ
 
 
 
 
 

Windows7のWindows XPダウングレード権存続を歓迎する。

 
 Microsoftは、Windows 7プリインストールマシンと一緒に提供しているWindows XP・Vistaへのダウングレード権の有効期間を変更した。Windows 7の発売以前、同社はダウングレード権の有効期間を「Windows 7発売から18カ月後あるいはSP1リリースのいずれか早い方まで」としてきたが、Windows 7のライフサイクルが終わるまで延長する。顧客から、ダウングレード権を廃止すればライセンスの内容が変わるため混乱を招くとの意見があったためという。ダウングレード権の延長により、企業はWindows 7への移行準備が整うまで、新しいPCを購入してXPやVistaにダウングレードして使うことができ、移行が容易になるとMicrosoftは述べている。記事
 ダウングレード権存続は大歓迎だ。うちの会社が参加している電子入札システムが来年度にならないとWindows 7対応にならない(爆)というように対応が遅れている一方、すでに秋葉原でもWindows XPを新規購入することは難しくなっている。現在はDELLなどでWindows XP PROダウングレード済のPCが販売されているが、今までだとWindows 7 SP1が登場するとそれも不可となり、中古パソコンに手を出すしかなくなっていしまう。しかも、明日でWindows XP SP2のサポートが終了してしまうのだ(SP3のサポートは、2014年4月まで継続される予定)。こういった懸念があったが、今回のダウングレード権存続で回避される。ダウングレード済PCを販売するメーカーも、Windows XPを使わなければならないユーザー双方とも助かった格好だ。

(追記  2010/07/17)
 マイクロソフトによると「PCメーカーからの「Windows 7 Professional、または Windows Vista Businessのダウングレード権を行使した 「Windows XP Professional プリインストール PC」 の出荷、および、ダウングレード用メディアを同梱した PC の出荷は、2010 年 10 月 22 日までとなります。」とある。
 でも、これじゃダウングレード権存続しても、OSのクリーンインストール以上できない人には恩恵が受けられない・・・。これまで書いたようにダウングレードできなくて一番困るのは、パソコンの自作やOSのクリーンインストールができない人なんだけど。

 さて、私のサブPCもいつWindows 7に移行しようか結構悩む。OSの値段よりも、OSやソフトのインストールに時間が掛かるのが嫌なんだよね・・・。それも2014年4月まではやらなければいけないのだが。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2010/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー