FC2ブログ
 
 
 
 
 

菅総理の失言だけで民主党は負けた訳ではない。

 
 今回の参議院選挙は、消費税などのブレや失言により敗北したような報道が多いが、私はそうは思えない。ブレや失言によりある程度議席を失ったとは思うが、基本的には民主党のマニフェストの破綻によるものであろう。

 消費税論議を菅代表が持ち出したのは、バラマキによる財政不足の批判をかわし責任ある政党をアピールする狙いであり、それ自体は選挙戦略としては悪くはないと思う。消費税10%を主張した自民党に乗っかるのは、したたかな戦略である。ただ、思いつきに近い発言だったから、還付の金額などでブレて自滅してしまったが・・・・。

 過半数維持のため無理して候補者を増やした小沢前幹事長の戦略も失敗したといえる。民主党政権自体が評判を落としていた現状では、無理して候補者を擁立しても、多くの選挙区は当選しなかった。候補者を決めたのは小沢前幹事長なんだから、少なくても小沢グループは菅代表部以下現執行部を批判する立場にないだろう。自分の立場を忘れて菅おろしが加速させる可能性もあるが(笑)。

 たとえ菅代表を交代させても、バラマキが財政上維持できない民主党政権自体の批判を減らすのは至難の業だろう。そして「直近の国政選挙を重視せよ」と民主党が政権交代前に主張したことが自身に跳ね返る。民主党は強行採決を連発したように国会運営が下手だ。部分でもいいが連立がうまく行かなければ、衆議院選挙で「国民の信を問う」ことを検討すべきだし、法案が通らなければ、解散総選挙も選択せざるを得ないかもしれない。

 今後の民主党政権は茨の道であることは、間違いなさそうだ。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2010/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー