FC2ブログ
 
 
 
 
 

共に劣化する大学生とその親

 
 まだ試合開始前なので、ワールドカップの話は、明日以降に書くかも知れません(無責任)。

 昨日、読売新聞の記事を見て呆れてしまった。それは、一部の大学生の親の過保護ぶりがひどいのだ。

 例えば「学生の代わりに履修登録をする」という。私だったら、「実際に講義を受けていないくせに勝手に決めるな」と怒るぞ。また「授業中の私語を注意したことに抗議する」という。そんなことで大学に抗議する親の方が痛いと思わないのか。「さらには「気に入らない就職先なら、働かなくていい。養ってあげるよ」と言う親さえいるという。「親自身が自立の妨げをしていることに気づいてほしい」と嘆く。」。この意見に全面的に同意します。親が子供を一生面倒見てくれるなら、文句は言わないですけどね。莫大な遺産でもないとそんなの不可能ですけど。

 「ある国立大の教員は「もうリポートを書けません」と親に泣きつかれたことがあると苦笑していた。入学以来、わが子に代わって課題に取り組んできたが、専門課程で付いていけなくなったというのだ。」って親は一体何を考えているんだ?内容はともかく、自分の頭で考えてリポートを書くから価値があるんだよ。そういった思考のトレーニングができる場こそ、大学の意味があるのだが・・・。ただ専門的な内容を教えられるなら、専門学校と大差ないはず。はずと書いたのは私専門学校行ったことないので・・・。
 昔の思い出になるが、リポートなんか通学に比べたら甘いぞ。通信制なんか、ちゃんとリポートの合否がある。リポート合格しないと、科目修了試験の受験資格なかったり、単位取れないんだから。試験受けられるかどうかは、大学によって違うけど。

 こういった話を聞けば大学教員はリンク先のタイトルのように「実は親を教育したい」と思うのは当然だ。

 こういった学生や親が出てきたのは、「全体的な教育の質が落ちたのか」「引用されるような学生やその親は、今まで学力の問題で大学に進学できなった人達がランクさえ選ばなければ大学に進学できるようになったから」なのか私には分からない。そして学生が退学率が高いと、収益が減って大学経営に支障が出るし、「良くないイメージ」がついて今後の入学者に影響が出る。ということで、大学側も学生や親のワガママに強く言えないようだ。

 こういったことを書いていて、本当に悲しくなってきた。嫌になったので、これで終わります。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー